うちゅう☆彡むちゅうサークル 19111

うちゅう☆彡むちゅうサークルは、大阪市立科学館友の会公認のサークルです。 サークルに関する連絡用に使用します。 運営上、ふさわしくない投稿に関しては、その都度対応させて戴きます。


天文news3

1:世話人 :

2020/05/20 (Wed) 17:38:50

いつも、訪問、ありがとうございます。

おかげさまで、訪問件数が18000件になりました。

天文news2も、スレッドが100件になり、

天文news3に移行します。

次回からは、天文news3をよろしくお願いします。
66:世話人 :

2020/05/31 (Sun) 07:11:12

地球の磁場が弱まってきていると判明 - GIGAZINE

https://gigazine.net/news/20200529-swarm-probes-weakening-magnetic-field/

欧州宇宙機関(ESA)が、「南半球のアフリカから南アメリカまでの地域に
おいて地磁気が弱まってきている」と報告しました。

地磁気は、地球の大気や水の宇宙空間への拡散を防ぎ、
太陽から降り注ぐ宇宙線や紫外線を減らす効果があるため、
地上に住む生物にとっては不可欠な存在です。
「地磁気がどのように生成されているのか」については諸説ありますが、
ESAは「地下3000kmの外核を構成する液体の鉄の対流によって生み出される」と
いう説を支持しています。

しかし、そんな地磁気が弱まったり、
形状が変化したりしていることが明らかになっています。
ESAによると、過去200年間で地球全体の地磁気は平均して9%弱まっているとのこと。
中でもアフリカから南アフリカにかけて存在する地磁気が特に弱い地域である
「南大西洋異常帯」では、地磁気の低下が著しいそうです。

ESAは地磁気の変化を分かりやすく示したムービーも公開しています。
以下のムービーでは、地磁気の強さを「色」で表しており、赤色が地磁気が強く、
青色が地磁気が弱いことを意味しています。
南アメリカのパラグアイを中心とした青色が濃く著しく地磁気が弱い地域が南大西洋異常帯です。

https://youtu.be/5x339lnJB9w
65:世話人 :

2020/05/31 (Sun) 06:46:41

SpaceXが米陸軍とStarlink衛星ネットワークのテストで契約
2020年5月27日 by Darrell Etherington

SpaceX(スペースエックス)は米国陸軍と新たな契約を締結し、
軍はSpaceXが提供を予定している衛星ブロードバンドネットワーク、
Starlink(スターリンク)をテストし、要求に合うかどうかを3年間に渡って評価する。
この研究開発契約を最初に報じたSpaceNewsによると、
これは米国軍部が実際の商業購買契約に先立って交わすいたって標準的な普通の契約だという。

SpaceXのStarlinkネットワークは現在まだ開発中で、
2020年中に米国とカナダの一部顧客向けに提供を開始する予定だと同社はいう。
同ネットワークは、低地球軌道の小型衛星を用いて全世界に
低遅延の高速インターネット接続を提供することを目的としている。
接続困難地域やサービスを十分受けていない地域の顧客ニーズに
答えるべく設計されており、地球からずっと遠くにある静止衛星を利用した
既存の衛星通信サービスよりも良好で信頼性の高いサービスになると同社は期待している。

地上局基盤の構築、およびSpaceXネットワークの既存システムへの統合に
どんな投資が必要かを陸軍は見極めようとしているとSpaceNewsは報じている。
大きな障壁がなければ、SpaceXのソリューションはさまざまな地域で軍が直面する多くの
通信問題を解決する可能性がある。当然ながら、軍の活動場所は人口の多い
地上ネットワーク基盤を利用できる地域とは限らない。

Starlinkの運用モデルが陸軍のニーズに合わない可能性はいくつかあり、
例えばネットワークが依存している地上局は、
軍の作戦場所からアクセス可能とは限らない。
それでもStarlinkが軍の要件を一部だけでも満たし、
大きな改善をもたらす可能性は十分にある。

Starlinkのサービスは、2020年中にSpaceXが数百台の衛星ネットワークを構築する間、
定期的に展開される予定だ。SpaceXが軌道に乗せる衛星の数が多ければ多いほど、
利用可能な地域は増え、各衛星は地球を周回しながら別の衛星へと接続を手渡ししていくので、
通信が中断する可能性も低くなる。
64:世話人 :

2020/05/31 (Sun) 06:33:08

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590874388.jpg 火星で撮影されたヤバイ画像10
5/30(土) 19:00配信ギズモード・ジャパン

めくるめく火星のトリックアートギャラリーへようこそ。

19世紀イタリアの天文学者・スキャパレリが当時最先端の望遠鏡で
火星を眺めていたところ、直線でできた構造物らしきものを発見して
大興奮。
それをまたアメリカの天文学者・ローウェルが「火星人が作った運河だ!」と
吹聴したものだから、地球はしばらく火星人ブームに湧きました。

火星からは、これまでスプーンやらリスやらドレスをまとった謎の女やら、
ほんとうは(たぶん)存在しないのにそう見えてしまう写真が
たくさん届いています。どうしても火星に生命体を発見したいばっかりに、
あたかも火星が巨大なロールシャッハテストかのように
希望や願望を投影してしまうんでしょうか。

そもそも衛星やローバーが撮影した火星の写真は、
画質が荒くて距離感をつかみにくいものばかり。だからつい、
異世界の風景に私たちが見慣れているものを当てはめてしまうのかもしれません。

続きはこちらへ
https://news.yahoo.co.jp/articles/18e76d856215395cf04f794e8d409d3badaf3836
63:世話人 :

2020/05/31 (Sun) 06:24:41

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590873881.jpg 巨人のような不思議な姿、星を生み出す「ミスティック・マウンテン」
2020-05-30 sorae

■今日の天体画像:イータカリーナ星雲のミスティック・マウンテン
神話やファンタジー作品に登場するキャラクターのような、
どことなく生物的な姿に見えるこの天体は、「りゅうこつ座」の方向
およそ7,500光年先に位置する「イータカリーナ星雲」の
一角にある通称「ミスティック・マウンテン」と呼ばれる領域。
ガスと塵でできた柱の高さは、およそ3光年に達するとされています。

今から10年前の2010年4月、「ハッブル」宇宙望遠鏡の
打ち上げ20周年記念としてミスティック・マウンテンは発表されました。
このとき公開された画像は青(酸素)、緑(水素と窒素)、赤(硫黄)の3色を
合成したカラフルなものでしたが、
ハッブルが30周年を迎えた今年、
Judy Schmidt氏によって当時のものとは異なる印象に
仕上げられた上掲の画像が作成されています。

ミスティック・マウンテンはイータカリーナ星雲で誕生した
明るい星々からの強い放射と恒星風による侵食を受けています。
柱のような構造は侵食に耐えられるほど密度が高い部分で、
そのなかでは新たな星が誕生しています。
柱の最上端から左右へとトゲのように伸びているのは、
柱の端の部分で誕生した若い星が噴出したジェットとみられています。
同様のジェットはその左下にも見えています。
62:世話人 :

2020/05/31 (Sun) 06:13:55

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590873235.jpg スペースX、有人宇宙船を打ち上げ 民間で初
5/31(日) 4:28配信

【AFP=時事】(更新、写真追加)
米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は
30日午後3時23分(日本時間31日午前4時23分)、
米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人を乗せた
宇宙船「クルードラゴン(Crew Dragon)」を
国際宇宙ステーション(ISS)に向け打ち上げた。
民間企業による有人宇宙飛行は史上初で、
米国内からの有人宇宙船打ち上げは9年ぶり。

ロバート・ベンケン(Robert Behnken)と
ダグラス・ハーリー(Douglas Hurley)の
2飛行士を乗せたクルードラゴンは、
「ファルコン9(Falcon 9)」ロケットに搭載され、
米フロリダ州のケネディ宇宙センター(Kennedy Space Center)から
打ち上げられた。

続きはこちらへ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c790228f3dd47f22a39ba7a589dd924d3da7acd7

61:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 21:36:28

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590842188.jpg 火星で生命の痕跡を探すのは、あの探偵の名を冠した観測装置
2020-05-30 sorae

NASAでは現在、今年の7月~8月にかけて予定されている火星探査車
「パーセベランス」の打ち上げに向けた準備が進められています。
パーセベランスには幾つかの観測装置が搭載されていますが、
そのうちの一つ「SHERLOC」(シャーロック)についての解説記事が
NASAのジェット推進研究所(JPL)から公開されています。

■火星で生命の痕跡を探す「シャーロック」と「ワトソン」
パーセベランスのロボットアーム先端に取り付けられている「SHERLOC」(※1)は、
かつて火星に存在していたかもしれない生命の痕跡を探す上で重要な
観測装置のひとつです。

このSHERLOCには「WATSON」(※2)というカメラが組み込まれています。
WATSONは岩の表面をクローズアップ撮影することが可能で、

続きはこちらへ
https://sorae.info/space/20200530-conan.html
60:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 21:29:17

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590841757.jpg NASAの探査衛星TESS、蒸発しつつある系外惑星を検出か
2020-05-30 sorae

4000個以上が見つかっている太陽系外惑星のなかには、
主星(恒星)のすぐ近くを周回しているため高温に熱せられ、
ガスや岩石が蒸発しているとみられるものもあります。
今回、NASAの系外惑星探査衛星「TESS」によって、
蒸発しかけている系外惑星が新たに検出された可能性があるとする
研究成果が発表されています。

■系外惑星から蒸発したガスなどによるわずかな減光が検出された可能性
Mark Jones氏(オープン大学)らの研究チームは、
2019年にDaniel Staab氏(同大学)らが報告した恒星「DMPP-1」
(「うさぎ座」の方向およそ200光年先)を
周回する4つの系外惑星を検証するために、
TESSの観測データを分析しました。その結果、
Staab氏らが報告した4つの系外惑星とは別に、
蒸発しつつある5つ目の系外惑星とみられる天体が検出された可能性があるとしています。

続きはこちらへ
https://sorae.info/astronomy/20200530-tess.html
59:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 21:23:54

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590841434.jpg スペースX、スターシップの3回目のエンジン点火テストに成功
2020-05-30 sorae

米スペースXは次世代宇宙船「スターシップ」のプロトタイプ「SN4」での、
3回目のエンジン点火テストを実施しました。

スターシップは100人の搭乗が可能な宇宙船で、
国際宇宙ステーション(ISS)への補給任務から、
火星開拓までの使用が想定されています。

SN4には1基の「ラプター」エンジンが搭載されており、
今回はサウス・テキサスの施設にて数秒間の点火テスト
(スタティック・ファイア・テスト)を実施。
しかしエンジンのシャットダウン後も炎が吹き続け、
ホースによる消化が実施されました。

SN4はこれまでにも、燃料タンクの圧力テストやエンジンの
点火テストを実施しています。
そして今後は、高度150メートルを目指すホップ飛行が予定されています。
さらに、次期バージョンのSN5ではラプターを3基搭載し、
高度20キロメートルへの到達を目指します。
58:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 14:07:47

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590815268.jpg アストロアーツより
矮小銀河の衝突が天の川の星形成を促し、太陽も誕生させた可能性

位置天文衛星「ガイア」の観測データを利用した研究から、
天の川銀河で星の誕生が増えた時期が3回存在することが判明した。
そのタイミングは、過去に3度にわたって天の川銀河に
「いて座矮小銀河」が衝突したときと一致するという。
【2020年5月29日 ヨーロッパ宇宙機関】

いて座矮小銀河(いて座矮小楕円銀河とも)は、
天の川銀河の周りを回っているのに1990年代まで存在が
知られていなかった小規模な銀河である。
この小さな銀河は過去に繰り返し天の川銀河の円盤を突き抜け、
天の川銀河の星の動きに深い影響を及ぼしたことが示唆されている。
天の川銀河のトレードマークである渦巻きも、
いて座矮小銀河が繰り返し衝突した結果形成されたのだと主張する
論文もあるほどだ。最新の研究によれば、
その衝突のたびに天の川銀河で大量の星が生まれており、
我々の太陽もその一つかもしれないとのことである。

続きはこちらへ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11277_sagdeg
57:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 13:59:46

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590814786.jpg 星が好きな人のための新着情報より(Twitter)

非常に高温の太陽系外惑星は、
酸化アルミニウムの雲やチタンの雨のように、極端な天候になり得る

ケプラーミッションの成功のおかげで、
「ホットジュピター」と呼ばれる種類の太陽系外惑星が多数存在することが
わかりました。これらは、非常に高温に到達するほど星に非常に接近して
軌道を回るガス巨人です。エキゾチックな雰囲気もあり、
酸化アルミニウムの雲やチタンの雨など、奇妙な雰囲気がたくさんあります。

天文学者のチームがホットジュピター用のクラウドアトラスを作成し、
さまざまなホットジュピターを観察したときにどのタイプの雲と
大気が見えるかを詳しく説明しています。

続きはこちらへ
https://www.universetoday.com/146236/extremely-hot-exoplanets-can-have-extreme-weather-like-clouds-of-aluminum-oxide-and-titanium-rain/
56:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 06:34:36

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590788076.jpg 星が好きな人のための新着情報より
2020年05月30日(土)
『宇宙空間に流出する月の炭素を初観測 月誕生の定説を覆す発見』(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/2020/047025.html

過去に関連する記事です。↓
>当、サークル掲示板「天文news2、2020/05/07 (Thu) 07:59:35」
>月から流出する炭素、初観測 探査機「かぐや」で 阪大など
>5/7(木) 3:07配信(参照)

大阪大学 大学院理学研究科の横田勝一郎准教授・寺田健太郎教授らが
率いる研究グループは、
月周回衛星「かぐや」のプラズマ観測装置[用語3]によって
月の表面全体から流出する炭素を世界で初めて観測しました(図1)。
この観測結果から月には誕生時から炭素が存在することが強く示唆されます。

巨大衝突によって形成されたと考えられていた月には、
炭素などの揮発性物質は存在しないとこれまで考えられていました。
今回の観測成果から、月の誕生について揮発性物質を残らず蒸発させる
従来の巨大衝突モデルから、
揮発性物質が残ることを許容する新しい月誕生モデルへの転換が期待されます。

本研究成果は、米国科学誌「Science Advances」に、
5月7日(木)午前3時(日本時間)に公開されました。

詳しくは、東京工業大学URLへ

55:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 06:19:56

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590787197.jpg 星が好きな人のための新着情報より

『40億年前の月の自転軸は数十度ずれていた』(東京工業大学)
また、太古の月には大規模な磁場が存在していたとのこと。
https://www.titech.ac.jp/news/2014/027595.html


月探査機「かぐや」月磁場研究グループの
九州大学大学院理学研究院・高橋太准教授と
東京工業大学大学院理工学研究科・綱川秀夫教授(グループリーダー)らは
衛星観測データを解析し、
太古の月には地球と同じように大規模な磁場が存在していたこと、
現在とは数十度異なる自転軸だったことを明らかにしました。

現在の月には大規模な磁場はありません。
本研究から、約40億年前の月中心部では溶けた鉄が活発に運動し磁場を
発生していたことがわかりました。その磁極は離れた2箇所にあり、
一つは現在の月北極付近にありますが、もう一つは数十度離れていました。
磁極の位置は自転軸の極とほぼ一致する性質があり、
月の自転軸はかつて今の位置から大きく離れていたことになります。
このことは、月の形成と進化を明らかにする上で非常に重要な成果です。

本研究成果は、2014年5月4日(日)18時(英国時間)に、
英国国際学術誌"Nature Geoscience" オンライン版で公開されました。
54:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 05:57:30

星が好きな人のための新着情報より

イベントディスプレイ用、カミオカンデのシミュレーションデータ

イベントディスプレイを作ってみよう!
スーパーカミオカンデのシミュレーションデータを元に、
あなた独自のイベントディスプレイを作ってみませんか?

csv形式で、スーパーカミオカンデの大気ニュートリノや
陽子崩壊のシミュレーションデータを公開します。
光をとらえた光電子増倍管の位置のxyz座標と、
それぞれの光電子増倍管が受けた光の量と時間のデータが含まれています。

光の量を好きな色で分けて表示したり、
光を受けた時間で色分けしたり、
あるいは時間情報を使ってアニメーションにすれば、
チェレンコフ光がやってくる様子が見やすいかもしれません。

興味のある方は、こちらを参照、ダウンロードして、
シュミレーション
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/sk/detector/eventdisplay-data.html
53:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 05:51:17

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590785477.jpg ソーラーオービタ―探査機は、まもなくアトラス彗星(C/2019 Y4; ATLAS)の尾を横切る
5月31日から6月1日にイオンの尾を、6月6日にダストの尾を通過の予定。急遽観測を行うようです。

アトラス彗星の尾を通過するソーラーオービター
2020/5/29

ESAのソーラーオービターは、今後数日間、ATLAS彗星の尾を通過します。
最近打ち上げられた宇宙船は現時点で科学データを取得する予定では
ありませんでしたが、
ミッションの専門家は、ユニークな出会いの間に最も関連性の高い4つの機器が
確実にオンになるように努めました。

このフェーズの完了日は6月15日に設定されたため、
6月中旬に太陽または近日点が最初に接近するまで宇宙船を
完全に機能させることができました。
しかし、彗星との偶然の出会いの発見は事態をより緊急にした。

彗星の尾を偶然飛行することは、宇宙ミッションではまれなイベントです。
科学者は、特に彗星を追跡していなかったミッションでは
6回しか起こらなかったことを知っています。このような遭遇はすべて、
イベント後の宇宙船データで発見されています。
ソーラーオービターの次の交差点は、事前に予測される最初のものです。
続きはこちらへ

http://www.esa.int/Science_Exploration/Space_Science/Solar_Orbiter/Solar_Orbiter_to_pass_through_the_tails_of_Comet_ATLAS

52:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 05:32:16

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590784336.jpg 月面着陸を目指すNASAのオリオン宇宙船3号機 機械船をエアバスが受注
5/29(金) 17:44配信 yahooより

エアバスは2020年5月26日(ドイツ時間)、
NASAの新型有人宇宙船オリオン3号機の機械船を
総額約2億5000万ユーロ(約300億円)で受注したと発表しました。
オリオン3号機は2024年、
史上初となる女性宇宙飛行士を乗せての月面着陸を目指します。

NASAの有人月・火星探査計画「アルテミス」。
その中心となる宇宙船がオリオンです。
オリオンはロッキード・マーティンが作る
有人モジュール(帰還カプセルを兼ねる)と、
エアバスが作る機械船で構成されています。

機械船(サービスモジュール)は、
宇宙船の推進力や姿勢制御と船内の電力供給、
そして水や酸素など宇宙飛行士の生命維持を担当する重要な部分。
宇宙開発における国際協力の枠組みの中で、
このモジュールを欧州宇宙機関(ESA)が担当することになり、
エアバスが開発・製造を担うことになりました。

続きはこちらへ
https://article.yahoo.co.jp/detail/ac4fac57a8dfbdaf2a943a3d1fa707b46fa04e21
51:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 01:44:45

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590770685.jpg こうのとり9号機がISSに輸送した野菜や果物など生鮮食品
2020-05-29 sorae

宇宙ステーション補給機「こうのとり9号」が、
国際宇宙ステーション(ISS)へと生鮮食品を届けたことが
報告されています。

5月21日に打ち上げられたこうのとり9号は、
ISSへと滞在する宇宙飛行士へと補給物資や科学実験装置を輸送します。
また、これがこうとのりシリーズの最後のミッションとなり、
次回からは次世代補給機「HTV-X」へとミッションが引き継がれます。

そして補給物資の中には、パプリカや河内晩柑(かわちばんかん)、
清見、レモン、温州みかん、そして初搭載となるキウイフルーツが搭載され、
ISSへと輸送されました。JAXAのホームページに詳細が記載されています。

このような生鮮食品は、宇宙飛行士のさまざまなストレスを緩和し、
パフォーマンスの向上につながることが期待されています。
また選定の基準としては、生食が可能なことや
保存製、衛生性、安全性などが審査されました。

関連
https://www.jaxa.jp/press/2020/05/20200526-2_j.html
50:世話人 :

2020/05/30 (Sat) 01:37:13

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590770233.jpg スペースウォーカー、有翼機での宇宙旅行イメージ動画を公開
2020-05-29 sorae

九州工業大学発のスペースウォーカーは、スペースプレーンによる
宇宙旅行のイメージ動画を公開しました。

スペースウォーカーは、有翼機のスペースプレーンによる
宇宙旅行を計画しています。
商業運用に利用されるスペースプレーンは全長15.9メートルで、
乗員乗客あわせて8人の登場が可能。そして、
地上から水平に離陸し高度120kmへと到達。その後、
地上へと滑空する計画です。

今回の動画では、宇宙旅行用のスペースプレーンが滑走路から水平に離陸し、
宇宙空間にて機体を反転させて、乗客が地球を眺める様子が確認できます。

スペースウォーカーは2022年に科学実験用のサブオービタルスペースプレーンを、
そして2024年には小型衛星打ち上げ用のサブオービタルスペースプレーンを
打ち上げる予定です。

動画は、こちら
https://sorae.info/space/20200526-spacewalker.html
49:世話人 :

2020/05/29 (Fri) 18:49:12

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590745752.jpg アジの干物が宇宙に JAXAが認める「宇宙日本食」
2020.5.26

 アジの干物が宇宙へ旅立つ-。
愛媛県の食品製造会社が開発したアジの干物が、
宇宙航空研究開発機構(JAXA、茨城県つくば市)の
認証する宇宙日本食に選ばれた。干物の認証は日本で初めてという。
決め手となったのは骨まで食べられるという特性。
宇宙飛行士のカルシウム不足も補うことができるとして注目されているが、
もともと高齢者向けに開発された商品だったという。

骨まで食べられる
 愛媛県東温市の食品製造販売会社「キシモト」の骨まで食べられる
「まるとっと」を発展させた「スペースまるとっとアジ(薫製しお味)」。

まるとっとは、同県産業技術研究所が開発した魚骨の軟化技術を用い、
同社が約10年前に商品化した。
この技術は、加圧、加熱することで骨の硬いタイでも頭から尻尾まで
身と変わらない軟らかさにするもの。
まるとっとは本来、カルシウムが不足しがちな高齢者向けに開発されたものだった。
48:世話人 :

2020/05/29 (Fri) 05:35:42

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590698143.jpg 野口さん乗るクルー・ドラゴン、8月30日にも打ち上げ
2020-05-28 sorae

NASAのジム・ブライデンスタイン局長は5月27日、
日本の野口聡一宇宙飛行士も搭乗するクルー・ドラゴンの打ち上げを、
8月30日に実施する予定だと発言しました。

現在スペースXは、宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へと
輸送するためのクルー・ドラゴンを開発しています。
すでに無人での打ち上げミッション「デモ1」に成功し、
有人でのテスト打ち上げミッション「デモ2」も
日本時間5月31日04:22に予定されている。

一方野口さんは、2005年のスペースシャトル「ディスカバリー」ミッション、
そして2009年〜2010年のISS滞在ミッションと、2回の宇宙滞在を経験しています。

クルー・ドラゴンにて野口さんに同乗するのは、ビクター・グローバー飛行士と
マイケル・ホプキンス飛行士。ミッションが成功すれば、
クルー・ドラゴンによる初めての正式運用ミッションに
日本人宇宙飛行士が参加することになります。

47:世話人 :

2020/05/29 (Fri) 05:26:13

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590697573.jpg 星が好きな人のための新着情報より
2020年5月29日(金)

プロクシマbは1.17地球質量で11.2地球日で公転している

太陽に最も近い星Proxima Centauriの周りに地球サイズの惑星の存在は、
ジュネーブ大学(UNIGE)の研究者を含む科学者の国際チームによって
確認されています。Astronomy&Astrophysicsで発表された結果は、
問題の惑星であるプロキシマbが1.17の地球質量を持ち、
その星の居住可能ゾーンに位置し、
11.2日で軌道を周回していることを明らかにしています。

この画期的なことは、チリの超大型望遠鏡に搭載されている
現在運用中の最も正確なスイス製分光器であるESPRESSOを使用して、
前例のない精度の径方向速度測定により可能になりました。
プロキシマbは、4年前にジュネーブに本拠を置くチームによって
開発された古い分光器HARPSによって最初に検出されました。
これは、星の速度の低い外乱を測定し、伴侶の存在を示唆しています。

続きはこちらへ
https://phys.org/news/2020-05-espresso-presence-earth-nearest-star.html
46:世話人 :

2020/05/29 (Fri) 05:19:27

星が好きな人のための新着情報より
2020年5月29日(金)

リュウグウとベンヌは同じ小惑星が破壊されてできた可能性

「はやぶさ2」とOSIRIS-RExがサンプルを持ち帰れば、
このことを検証できるだろう。


翻訳が必要ですが、続きはこちらへ

https://phys.org/news/2020-05-asteroids-ryugu-bennu-destruction-large.html

https://www.nature.com/articles/s41467-020-16433-z
45:世話人 :

2020/05/28 (Thu) 22:59:36

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590674376.jpg 正体不明の突発天体、これまで認識されていなかった爆発現象の可能性
2020-05-28 sorae

2018年6月にヘルクレス座の方向で観測された「AT2018cow」は、
一般的な超新星爆発よりも明るく、
強い電波も放射するという変わった特徴を示す突発天体として
研究者から注目を集めました。
符号の末尾を取って研究者から「the Cow(カウ、牛の意)」とも
呼ばれるこの突発天体が、新しいタイプに分類される爆発現象だったとする
研究成果が発表されています。

■研究者らによって「カウ」に似た突発天体がさらに2つ確認される
2018年に「カウ」ことAT2018cowが見つかったあと、
Deanne Coppejans氏(ノースウエスタン大学)らと
Anna Ho氏(カリフォルニア工科大学)らの研究チームは、
それぞれ2016年に見つかった「CSS161010」と2018年に見つかった
「ZTF18abvkwla」(末尾の4文字から「コアラ」とも呼ばれる)と
いう、AT2018cowに似た2つの突発天体について分析を行いました。
研究の結果、これらの突発天体はいずれも超新星爆発によって引き起こされたと
みられる現象とされており、
新たに「Fast Blue Optical Transients(FBOT、エフボット)」という名称が与えられました。
名称の「Blue」は、観測される光が通常の超新星よりも青みがかっていることを意味しています。

続きはこちら
https://sorae.info/astronomy/20200528-at2018cow.html
44:世話人 :

2020/05/28 (Thu) 22:36:26

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590672987.jpg アストロアーツ、国立天文台アルマ望遠鏡、より

誕生から15億年後の宇宙に回転円盤銀河を発見

アルマ望遠鏡による観測で、宇宙誕生からわずか15億年後の時代に、
回転運動をする円盤銀河が既に存在したことが明らかになった。
【2020年5月28日 アルマ望遠鏡】

現在の宇宙に存在する銀河は、
約138億年前に宇宙がビッグバンで誕生してから数億年ほど経ったころに、
ダークマターの濃い部分が自らの重力で集まって塊を作り、
これを構造の「種」として生まれたと考えられている。
有力なシナリオでは、ダークマターと普通の物質
(水素やヘリウムなど)からなる小さな塊同士が合体を繰り返して
銀河サイズへと成長したとされるが、
塊に含まれるガスは合体のたびに衝突して激しく加熱されるため、
こうして成長した「銀河のもと」の塊には秩序だった回転運動などは
なかったと考えられる。

そのため、この「銀河のもと」から私たちの存在する天の川銀河の
ような円盤銀河ができ上がるためには、
長い時間をかけて塊が冷えて平たくつぶれ、秩序だった回転運動を持つ円盤へと
変わる必要がある。典型的なモデルでは、
銀河サイズの塊が冷えて円盤銀河になるまでには60億年ほどかかるとされているが、
もっとずっと早く円盤銀河ができるという理論もあり、
銀河の形成プロセスについてはいまだ不明な点が非常に多い。

続きはこちら
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11270_dla0817g
43:世話人 :

2020/05/28 (Thu) 09:32:24

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590625944.jpg NaokoYamazaki Twiterより

スペースXの打ち上げ、天候不良のため延期

延期に伴い、燃料を抜いています。燃料がある間は、
緊急脱出システムが働いており、
燃料がなくなってから、クルーは出て来れます。

次回打上げは、5/31(日)04:22(日本時間)ロケット 
この時期フロリダは天気が変わりやすく、
ISSへドッキングするため打上げウィンドウは狭く大変ですが、
次回期待しています!
42:世話人 :

2020/05/28 (Thu) 01:24:09

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590596649.jpg 白亜紀末期の地球に落下した小惑星、最悪の角度で衝突していた?
2020-05-27 sorae

今からおよそ6600万年前、
当時繁栄していた恐竜をはじめとする多くの生物が大量絶滅する
出来事がありました。その原因として有力視されている天体衝突が、
当時の生物にとっては最悪ともいえる角度で発生したとする
研究成果が発表されています。

■地表から45度~60度の角度で衝突し、エアロゾルを生み出す硫黄を大量に放出
Gareth Collins氏(インペリアル・カレッジ・ロンドン)らの研究チームは、
6600万年前に現在のユカタン半島北端付近に落下して
チクシュルーブ・クレーターを形成した天体が
どのようにして地球に衝突したのかを解析しました。
天体の直径を17km、衝突時の速度を秒速12kmと仮定してシミュレーションを
行った結果、
天体が地表に対して45度~60度の角度で北東方向から衝突したとすれば、
実際に確認されているクレーターの構造をうまく説明できることが
示されたとしています。

この角度は、絶滅した生物にとっては最悪の角度だったようです。

続きはこちら
https://sorae.info/astronomy/20200527-meteorite.html
41:世話人 :

2020/05/28 (Thu) 01:16:38

アストロアーツより

太古の火星は温暖化と寒冷化を繰り返していたかもしれない

NASAの火星探査車「キュリオシティ」が、
太古の火星に水が数百万年も流れ続ける温暖な時期があった
証拠と湖が凍ってしまう寒冷な時期があった証拠を発見した。
【2020年5月27日 NASA】

太古の火星に水が存在したことは確実視されている。
火星上空を周回する探査機や地表に着陸した探査車などによって、
水が干上がったことで形成された地形や鉱物が続々と
発見されているからだ。さらには有機物も見つかっている。
水と有機物とくれば、生命が存在したのか(そして今も生き残ってるのか)と
考えたくなるところだが、過去の火星がどのような環境だったのかを
調べるのは容易ではない。特に、
湿潤な環境を維持できるほど温暖な気候であったかどうかは重要な問題である。

続きはこちら
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11273_mars
40:世話人 :

2020/05/27 (Wed) 21:00:26

野口飛行士 8月にも宇宙へ 米の民間宇宙船に搭乗
5/27(水) 6:21配信Fuji News Network

宇宙飛行士の野口聡一さん(55)が搭乗する有人宇宙船が、
早ければ2020年8月にも打ち上げられることになった。

野口聡一さんが搭乗するのは、
アメリカの民間企業「スペースX」が開発した有人宇宙船「クルードラゴン」。

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、8月30日にも打ち上げると発表した。

野口さんにとっては、3度目の宇宙飛行となる。

5月27日には、アメリカ人宇宙飛行士2人を乗せて試験飛行が
行われる予定で、これが成功することが8月の打ち上げの条件となる。

アメリカからの有人宇宙船打ち上げは、スペースシャトル以来9年ぶりで、
民間の宇宙船を使うのは初めて。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200527-00146270-fnn-int

関連記事
https://www.fnn.jp/articles/-/1257?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink
39:世話人 :

2020/05/27 (Wed) 19:55:28

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590576928.jpg ヴァージン・オービット「ランチャーワン」の打ち上げ初試験は失敗に終わる
2020-05-27 sorae

ヴァージン・オービットは日本時間5月26日朝、
カリフォルニア州沖合の太平洋上にて
空中発射ロケット「ランチャーワン(LauncherOne)」の打ち上げ試験を実施しました。
母機から投下されたランチャーワンは1段目エンジンの点火に成功したものの
間もなく異常が発生し、試験は早い段階で終了。
母機とその乗員に異常はなく、無事に地上へと帰還しています。

ランチャーワンは2段式の小型ロケットです。
ヴァージン・オービットの資料によると、高度500kmの太陽同期軌道へ300kgまでの衛星を、
または高度230kmの低軌道へ500kgまでの衛星を投入する能力を備えています。
打ち上げ時には空中発射用の母機として改修された
ボーイング747-400「コズミック・ガール(Cosmic Girl)」の左翼に吊り下げられた状態で
高度1万m付近まで運ばれ、空中で投下された数秒後にエンジンを点火、衛星を宇宙空間へと運ぶ計画です。

今回はランチャーワン初の打ち上げで、
1段目のエンジン「NewtonThree」が空中で点火されたのも初めて。
ヴァージン・オービットCEOのダン・ハート氏はリリースにおいて
「多くの目標を達成したが、望んだほどではなかった。
それでも今日、我々は大きな一歩を踏み出した」と語っており、
次の打ち上げ試験の実施へ向けて準備を進めるとしています。

また、母機からの投下に成功しつつもミッションが早期に終了したことを
伝えた同社のツイートには、
トリー・ブルーノ氏(ユナイテッド・ローンチ・アライアンス)、
イーロン・マスク氏(スペースX)、
ピーター・ベック氏(ロケットラボ)ら民間宇宙企業の「先輩」といえる人々から、
「打ち上げは本当に難しい」「残念でならない」「くじけるな」といった、
開発時の苦労をにじませる言葉や励ましの言葉などが寄せられています。


38:世話人 :

2020/05/27 (Wed) 19:49:37

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590576577.jpg 「えんとつ町のプペルMOMO5号機」に名称決定 クラファンは4000万円に迫る
2020-05-27 sorae

株式会社インターステラテクノロジズが開発をすすめる
観測ロケット「MOMO5号機」の名称が
「えんとつ町のプペルMOMO5号機」に決定しました。

インターステラテクノロジズは新型コロナウイルスへの懸念から、
MOMO5号機の打ち上げを延期しています。これに伴い、
クラウドファンディングキャンペーン「インターステラテクノロジズは
宇宙開発をあきらめない!!」を実施し、目標金額を大きく超える支援を集めています。

そして西野亮廣エンタメ研究所が1000万円コースのリターンとなる
「MOMO5号機ネーミングライツプラン」を購入したことから、
今回の名称が決定されました。
西野亮廣さんはネーミングライツの購入について、以下のようなコメントを寄せています。

『えんとつ町のプペル』は、煙に覆われ、見上げることを知らない町の中、
それでも上を向いて『星』を探す少年とゴミ人間の物語です。
それは、新型コロナウイルスで世界中が希望を失っている中、
ロケットを飛ばす挑戦を続けるインターステラ社の姿そのもので、
応援したくなっちゃいました。是非、ロケットを飛ばして、皆に上を向かせてください。

クラウドファンディングキャンペーンは、
記事執筆時点で3963万円以上の資金を集めています。これについて、
インターステラテクノロジズは「多くの方からのご支援、
本当にありがとうございます!おかげさまでこの厳しい期間を
なんとか耐えられそうです。次のロケット開発に向けても動き始めました!」と追記しています。
37:世話人 :

2020/05/27 (Wed) 19:42:01

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590576121.jpg 【図解】スペースXの宇宙船「クルードラゴン」 初の有人飛行
5/27(水) 11:28配信

【AFP=時事】当初は誰もが、絶対無理に決まっていると思っていた──。
だが、イーロン・マスク(Elon Musk)氏の宇宙開発企業
スペースX(SpaceX)は逆風をはねのけ、
米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人を乗せて27日、
宇宙に飛び立つ。成功すれば、米国土からの9年ぶりの有人宇宙飛行になる。

NASAは、30年にわたる輝かしいスペースシャトル計画で、
数十人の飛行士を宇宙に送り込んだ。しかし、
巨大で非常に複雑な有翼型宇宙船ミッションにかかった費用は、
計135回の打ち上げで約2000億ドル(約21兆5000億円)にも上り、
搭乗飛行士が死亡する事故も2回起きた。そして、
2011年7月21日に帰還した「アトランティス(Atlantis)」が
最後のスペースシャトルとなった。

続きはこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/451d73deed4632a99d7823bc4da546d965153046
36:世話人 :

2020/05/27 (Wed) 09:03:44

猿橋賞に京大の市川温子さん ニュートリノ研究で成果
2020年5月26日

優れた女性科学者をたたえる今年の「猿橋賞」を、
物質の最小単位である素粒子の一種「ニュートリノ」の研究で
成果を挙げた京都大学大学院理学研究科准教授の
市川温子(あつこ)さんに贈った、と主宰する
「女性科学者に明るい未来をの会」(石田瑞穂会長)が23日発表した。

授賞理由は「加速器を用いた長基線ニュートリノ実験による
ニュートリノの性質の解明」。
138億年前の宇宙誕生時、素粒子には身の回りにある物質を構成する粒子と、
一部の性質が反対の反粒子が同数存在した。
しかし両者の性質が違うため反粒子がほぼ消滅し、現在は粒子ばかりが存在する。
「CP対称性の破れ」と呼ばれるこの現象はごく一部の素粒子で証明されたものの、
宇宙に現在ある物質の量を説明しきれていない。
ニュートリノとその反粒子の反ニュートリノは、
互いに性質が大きく異なるとの仮説があり、
宇宙に物質があふれている理由を理解するための重要な手掛かりになると期待されている。

続きはこちら
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2020/05/20200526_01.html
35:世話人 :

2020/05/27 (Wed) 08:50:13

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590537013.jpg 初の有人商業宇宙船、ついに明日28日打ち上げへ、米スペースX
5/27(水) 7:11配信ナショナル ジオグラフィック日本版

日本時間5月28日早朝の予定、米国が自力の有人飛行を9年ぶりに再開
 米国の民間企業スペースXによって、
有人宇宙飛行の新時代が始まろうとしている。
今週、米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人が、
同社のカプセル型宇宙船「クルードラゴン」に搭乗し、
国際宇宙ステーション(ISS)を目指す。

打ち上げは米東部時間5月27日午後4時33分
(日本時間5月28日午前5時33分)に行われる。
今回は「デモ2」と呼ばれる試験飛行の位置づけだ。
米国の発射台から有人宇宙船が打ち上げられるのは9年ぶりだ。
さらに、民間の宇宙開発企業が設計したロケットと
宇宙船を用いて人類が宇宙空間へ行くのは、史上初めてのこととなる。

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200527-00010000-nknatiogeo-sctch
関連記事
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200527-00034735-forbes-sci

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200527-00000002-binsiderl-sci


34:世話人 :

2020/05/26 (Tue) 23:41:23

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590504083.jpg JAXAきぼうフライトディレクター

9号機がISSに到着し、
国際宇宙ステーション 第2結合部(ハーモニー)の
地球側ポートに取付けられました。

現在、ISSにはソユーズ宇宙船、プログレス補給船 x2、
こうのとりの宇宙船4機が停泊中ですサテライト

5/28早朝(JST)にはクルー・ドラゴンの打上げも予定されており、
さらに賑わいます
33:世話人 :

2020/05/26 (Tue) 23:29:46

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590503386.jpg 中国の大型ロケットが大気圏に再突入、破片がコートジボワールに落下か?
5/26(火) 18:31配信マイナビニュース

2020年5月12日、中国が5日に打ち上げた大型ロケット「長征五号B」の1段目機体が、
大西洋上空で大気圏に再突入した。
その直後、西アフリカのコートジボワールで上空から金属の部品が落下。
燃え切らなかったロケットの破片と考えられている。

この1段目機体は、制御不能な再突入を行った物体としては
過去約30年で最大の大きさだった。中国は今後、
数回の長征五号Bの打ち上げを計画しており、
同様の事態がふたたび起こる危険性もある。

危険な再突入

長征五号Bは中国が開発した大型ロケットで、
宇宙ステーションのモジュールのような大質量のペイロードを
地球低軌道に打ち上げることを目的としている。
今年5月5日に初の打ち上げに成功し、
新型の有人宇宙船の試験機などを軌道に投入した。

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-00000009-mynavin-sci
32:世話人 :

2020/05/26 (Tue) 23:24:13

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590503053.jpg 太陽系の形成にも関係か。
星々の動きから天の川銀河と伴銀河の衝突を読み解く
5/26(火) 21:35配信sorae 宇宙へのポータルサイト

宇宙において銀河どうしの接近や衝突はめずらしい出来事ではなく、
天の川銀河も別の銀河と衝突・合体した経験があると考えられています。
今回、天の川銀河とその近くにある矮小銀河によって過去3回に渡り
繰り返された衝突の時期を絞り込むことに成功したとする
研究成果が発表されています
。3回のうち最初の衝突は、私たち人類の存在とも無縁ではないようです。

■およそ57億年前の衝突が太陽系の誕生にもつながったか
Tomas Ruiz-Lara氏(IAC:カナリア天体物理学研究所)らの研究チームは、
欧州宇宙機関(ESA)の宇宙望遠鏡「ガイア」による観測データを利用して、
太陽の周辺にある2400万個の恒星がいつ頃形成されたのかを調べました。
分析の結果、約57億年前、約19億年前、そして約10億年前の3回に渡り、
形成された星々の数が通常時の4倍ほどに
増加した時期があったことが判明したといいます。

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-00010001-sorae_jp-sctch
31:世話人 :

2020/05/26 (Tue) 13:34:13

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590467654.jpg 漆黒の宇宙に浮かぶ「炎のリング」、ドーナツ状の銀河を発見
5/26(火) 11:09配信CNN.co.jp

(CNN) 揺らめく炎のような輝きを放つドーナツ状の珍しい銀河が、
このほど研究者らによって発見された。
銀河の構造や進化についてより深い知見を得る手掛かりになる
可能性があるという。

「R5519」と名付けられたこの極めて珍しいタイプの銀河は、
太陽系から110億光年離れた宇宙に位置する。
質量は太陽系のある天の川銀河と同程度だが、
中央部がぽっかりと開いたドーナツのような形状をしている。

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-35154331-cnn-int
30:世話人 :

2020/05/26 (Tue) 07:12:01

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590444721.jpg 京都産GSユアサのリチウム電池が国際宇宙ステーションに 
4度目、取り替えこれで完了
5/25(月) 17:05配信両丹日日新聞

京都府福知山市の長田野工業団地に立地する
GSユアサグループ「ジーエス・ユアサ・テクノロジー」
(並河芳昭社長)で製造したリチウムイオン電池が、
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の補給機「こうのとり」
(HTV)9号機に搭載され、種子島宇宙センターから打ち上げられた。
国際宇宙ステーション(ISS)に運ばれた。

リチウムイオン電池を使う新型バッテリーは、
ニッケル水素電池を使用した旧型バッテリーと取り替えられる。
新型は、旧型の半分の数で同等の発電能力があり、約10年という長寿命も特長という。

国産電池としては、初めてISSに採用され、2016年から輸送が始まり、
19年9月に続き4回目。今回が最後で、すべての取り替えが終了する。

宇宙飛行士の船外活動によって、交換作業が行われるという。

 GSユアサ広報・IR室は「打ち上げが成功して良かった。
新型補給機にも搭載が決まっていて、
今後も宇宙開発に貢献していきたい」と話している。
29:世話人 :

2020/05/26 (Tue) 06:55:47

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590443747.jpg 超新星くっきり…アマ天文家が撮影成功 「相当な技術」専門家も称賛
5/25(月) 11:21配信西日本新聞

大分県日田市尾当町のアマチュア天文家、梶原達夫さん(68)が
超新星の撮影に成功した。
専門家は「これだけ鮮明に撮影できるのは相当な写真技術」と称賛しており、
梶原さんは「色もよく、とてもうれしい」と喜んでいる。

超新星とは、星が生涯を終える時に起こす大規模な爆発のこと。
国立天文台(東京)の山岡均准教授によると、
梶原さんが撮影した超新星のあるM61銀河は、
地球から4千万光年離れたおとめ座の渦巻銀河。
5月初旬に、海外の探査チームが発見した。
M61銀河は超新星が多く、今回は1990年以降5回目。肉眼で見ることはできない。

 自宅で13日、望遠鏡に取り付けた天体専用カメラで、
約3時間かけて撮影した。中学生のときに宇宙に興味を持ち、
6年前には宇宙空間の水素ガスが赤く、
バラのように見える「バラ星雲」の撮影にも成功した。
梶原さんは「日々変化する宇宙は面白い。時には広い空を見上げて、
リラックスしてほしい」と話している。
28:世話人 :

2020/05/26 (Tue) 06:48:26

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590443306.jpg 人類の宇宙観を塗り替える「惑星」が「発見ラッシュ」なのをご存じか
5/25(月) 14:01配信現代ビジネス

私たちの住む地球は太陽の周りを公転していますが、
夜空に輝く星たち、つまり無数の恒星の周りにも、
さまざまな惑星が公転していることがわかってきました。

夜空の星のまわりには系外惑星がある
系外惑星が初めて発見されたのは1995年。
それから四半世紀たった今では、
3000以上の恒星に合計4000個以上の系外惑星が見つかっている。
そのうちの2000個以上が、
ケプラー宇宙望遠鏡打ち上げの2009年から約10年間の観測で発見されている。

「地球型」も発見ラッシュ
系外惑星の観測が始まったころは、
木星に似た巨大な惑星が見つかりやすかったが、
観測技術の発達で、2010年代には地球のように
岩石でできた惑星も発見されるようになった。

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200525-00072781-gendaibiz-sctch
27:世話人 :

2020/05/25 (Mon) 23:43:10

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590417790.jpg HTV-XプロジェクトTwiterより
「こうのとり」9号機は、無事、
国際宇宙ステーションISSに到着しました!
たくさんの応援ありがとうございました!
このあと、ISSにて1~2カ月ほど羽を休める間、
クルーによって荷下ろしや廃棄品の搭載が行われる予定です荷物

26:世話人 :

2020/05/25 (Mon) 23:33:53

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590417233.jpg これも「銀河」。1億5000万光年の空洞で輝く孤独な星々
2020-05-25 sorae

■今日の天体画像:矮小不規則銀河KK 246(またはESO 461-036)
銀河と聞くと「アンドロメダ銀河」のような渦巻腕を持った
渦巻銀河や棒渦巻銀河、
それに超大質量ブラックホールが直接撮影された「M87」の
ような楕円銀河を思い浮かべる人が多いかもしれません。
ですが、ここに写っている形の定まらない星の集まりのような
天体も「銀河」と呼ばれています。

「KK 246」または「ESO 461-036」と呼ばれるこの天体は、
「いて座」の方向にある矮小不規則銀河。
分類名が示すように渦巻銀河のような規則的な姿はしておらず、
バルジのように明確な中心部分を確認することもできません。

続きはこちら
https://sorae.info/astronomy/20200525-kk246.html
25:世話人 :

2020/05/25 (Mon) 23:28:46

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590416926.jpg 動き続ける星々。太陽は数万年ごとに別の恒星と接近している?
2020-05-25 sorae

先日地球の近くを通過していった「1998 OR2」のように、
将来地球と衝突する可能性がある小惑星が近年では
幾つも見つかっています。いっぽう、
空間と時間のスケールを大きく広げてみると、
太陽から比較的近いところを通過していく、
あるいは過去に通過したことがあるとみられる恒星が
幾つか割り出されています。惑星、恒星、銀河といった
スケールの違いはあっても、
天体どうしの接近はめずらしい出来事ではないようです。

■7万年前に小さな連星が1光年以内まで接近していた
天の川銀河には1000億個の星々があるとされていますが、
その移動方向や速度は星によって異なります。
地球から見た星の位置も少しずつ変化しているため、
古代の人々が見上げた星空と、
私たちがいま見ている星空では星の並びも異なります。

続きはこちら
https://sorae.info/astronomy/20200525-sun.html
24:世話人 :

2020/05/25 (Mon) 19:19:18

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590401958.jpg 火星の泥流は地球における一種の溶岩流のようにふるまう可能性
2020-05-24 sorae

火星の北半球には頂上に小さなクレーターがある円錐形の丘が
多数存在していて、研究者からは泥火山の可能性があるのではないかと
考えられてきました。
今回、火星のような環境下で泥の流れがどのようにふるまうのかを検証した
実験結果が発表されています。

■火星の泥流はパホイホイ溶岩のようにふるまう
カスピ海の沿岸地域をはじめ地球上の各地に存在する泥火山では、
泥水とメタンなどのガスが噴出しています。
「火山」という名前からは熱そうな印象を受けますが、
溶岩を噴出する火山とは違い、必ずしも高温とは限りません。
研究者の一部は、
かつて海が形成されるほどの水が表面に存在していたとみられる火星でも、
泥火山から泥が噴出していたのではないかと考えてきました。

続きはこちら
https://sorae.info/astronomy/20200524-mars.html
23:世話人 :

2020/05/25 (Mon) 14:55:14

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590386114.jpg 小惑星探査機「はやぶさ2」Twiterより

はやぶさ2は本日(2020年5月25日)、
宇宙飛行2000日を達成、復路の中間地点も越えました。
残りの飛行距離は約4億km。イオンエンジンは快調、
飛行コースも問題なし。リュウグウの宝物を、
平和な地球に送り届けられることを願いつつ、
はやぶさ2の運用を今日も続けます。−津田プロジェクトマネージャ

22:世話人 :

2020/05/25 (Mon) 14:27:16

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590384436.jpg 大分)スワン彗星の撮影に成功 大分市の柏木さん
2020年5月25日 9時30分
https://www.asahi.com/articles/ASN5S6T5BN5HTPJB00Q.html

4月初めに豪州の天文学者が発見報告をし、
国内でも観測できるようになってきたスワン彗星(すいせい)を、
大分市の日本天文学会員、柏木周二さん(67)が
今月14日未明に撮影した。
明るい点のような光から、うっすらと尾が伸びている。

宮崎県延岡市の鏡山山頂付近から口径25センチの
天体望遠鏡を使って撮影した。東の低空にあり、
見られる時間帯も明け方近くのため、
4月から数回挑んでようやく撮影できたという。

 国立天文台天文情報センターによると、
スワン彗星は南半球だと見えやすい。
国内でも4月中旬くらいから次第に見えるようになった。
太陽に近づいているため明るさが増してきており、
5月下旬から6月上旬ごろまでは日没後の北西の低空に姿を現すという。

余談ですが、世話人も、彗星狙いで、大阪府内の道の駅に行ってきました。
パンスターズ彗星C/2017T2 9等台 明るくはないのですが
GPVと星空指数をあてにしながら、行ったが、天候に騙された。
あえなく、撃沈、また機会があれば、紹介したいと思います。
21:世話人 :

2020/05/25 (Mon) 08:25:18

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590362718.jpg HTV-Xプロジェクト Twiterより

「こうのとり」の国際宇宙ステーションISS への
旅は始まったばかり。ISSより低い軌道に投入した
「こうのとり」9号機は、25日夜の到着を目指し、
徐々に高度を上げながらISSに接近していきます

25日夜、ロボットアームによる、ドッキングが
YouTubeでみれます。よかったら見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=17k9M1Vio6g
20:世話人 :

2020/05/24 (Sun) 11:45:47

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590288347.jpg 新型宇宙船クルー・ドラゴンの有人テスト飛行、28日の打ち上げに向け準備が進む
2020-05-24 sorae

日本時間5月28日5時33分に、
スペースXの新型宇宙船「クルー・ドラゴン」による有人テスト飛行「Demo-2」の
打ち上げが実施される予定です。
打ち上げまで1週間を切ったケネディ宇宙センターには搭乗する2人の宇宙飛行士も
到着し、当日に向けて準備が整いつつあります。

現地時間5月21日、Demo-2に使用される機体を載せたファルコン9ロケットが
ケネディ宇宙センターの第39A発射台に設置され、
翌22日には打ち上げ直前のリハーサルにあたるスタティック・ファイア・テストが
実施されました。
この発射台はアポロ11号をはじめとしたサターンVロケットやスペースシャトルの
打ち上げに使用されてきた歴史ある設備で、
現在はスペースXがファルコン9やファルコン・ヘビーの打ち上げに使用しています。

続きはこちら
https://sorae.info/space/20200524-spacex.html

19:世話人 :

2020/05/23 (Sat) 18:00:24

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590224424.jpg HTV-Xプロジェクト
@HTVX_JAXA

ISSへの旅の途中、「こうのとり」は何度も
精密な軌道制御(マヌーバ)を行います。
これに用いるのが、
スラスタと呼ばれる小型のロケットエンジン。
鳥で例えると「翼」の役割を果たします。
「こうのとり」は、
メインエンジンと姿勢制御用スラスタの2種類のスラスタを
備えています。
18:世話人 :

2020/05/23 (Sat) 17:51:17

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590223877.jpg JAXA、月面探査機の打ち上げ2022年に1年延期
毎日新聞2020年5月23日 10時01分

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日までに、
2021年度に目指していた月面探査機「SLIM」の打ち上げを
22年度に1年延期すると発表した。
米航空宇宙局(NASA)と共同開発して同時に打ち上げる
エックス線天文衛星「XRISM」の開発が遅れているため。

 SLIMは月面の狙った場所にピンポイントで着陸する
技術の確立を目指す。
データは米国が24年の実現を目指す有人月面着陸にも活用される予定。

 XRISMは16年に軌道上で異常回転が起きて空中分解した
エックス線天文衛星「ひとみ」の後継機。
緊急時にエンジンを止める機能を追加する必要があると判断した。(共同)
17:世話人 :

2020/05/23 (Sat) 17:32:20

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590222740.jpg オシリス・レックス、小惑星ベンヌからのサンプル採取を10月に実施へ
2020-05-23 sorae

現在NASAでは小惑星探査機「オシリス・レックス」による
小惑星ベンヌからのサンプル採取に向けた準備が進められています。
採取地点が決定した昨年12月の時点では今年の8月にも
サンプル採取が行われる見込みでしたが、
当初の日程よりも2か月後の10月に実施される予定となったことが
発表されています。

■サンプル採取は10月20日、成功すれば1回で終了の見込み
オシリス・レックスの運用チームは4月14日に
ベンヌの表面から65mまで降下する1回目のリハーサルを実施。
その後は6月に2回目のリハーサルが、
8月25日にサンプル採取が実施される予定でしたが、
新しいスケジュールでは2回目のリハーサルを8月11日に、
1回目のサンプル採取を10月20日に実施する予定となっています。



続きはこちら
https://sorae.info/space/20200523-osiris-rex.html
16:世話人 :

2020/05/23 (Sat) 12:02:21

京都産業大学神山天文台がYouTubeライブによる天文イベントを初開催!
京都産業大学 2020年05月22日 14時05分
From Digital PR Platform

京都産業大学神山天文台は、
「おうち時間」に天文学、宇宙を楽しんでもらおうと、
新たな試みとしてYouTubeライブによる天文イベントを開始。
第1弾として、国内私立大学最大の望遠鏡「荒木望遠鏡」を
用いたWEB天体観望会を開催した。

京都産業大学神山天文台は、
国内私立大学では最大となる口径1.3メートルの望遠鏡「荒木望遠鏡」を
用いた天体観望会や、学内外の研究者が天文学における最前線について
講演する天文学講座を地域の方々を対象に毎年定期的に開催している。
今回、国内での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、
新たな試みとして「YouTube」によるライブ配信型の天文イベントを開始した。

続きはこちら
https://japan.cnet.com/release/30444970/
15:世話人 :

2020/05/23 (Sat) 11:48:40

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590202120.jpg の画像解析でわかった木星の大気の様子…大赤斑には穴が空いている
Morgan McFall-Johnsen
May. 19, 2020, 03:30 PM

新しく得られた木星の画像は、その大赤斑に穴があることを示している。
赤外線による画像では、高さ40マイルの積乱雲の周りに雷が発生していることもわかった。
天文学者たちは、ハッブル宇宙望遠鏡、木星を周回する探査機ジュノー、
そして地球上のジェミニ天文台を駆使して画像を収集した。
木星の新たな赤外線画像は、その荒天の様子を明らかにしている。

NASAとカリフォルニア大学(UC)バークレー校の研究チームは、
ハッブル宇宙望遠鏡と、木星を周回する探査機ジュノー、
地球上のジェミニ天文台のデータを組み合わせて、
これまでにない鮮明な画像を作成した。研究チームはこの画像を、
学術雑誌「アストロフィジカルジャーナル」に掲載された研究論文と併せて公開した。

今回の画像では、新たに木星の稲妻を捉えたほか、
大赤斑の暗い部分が穴であり、別の種類の雲ではないことが明らかになった。

▼続きはこちら
https://www.businessinsider.jp/post-212627
14:世話人 :

2020/05/23 (Sat) 11:40:10

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590201610.jpg 小惑星に彗星のような尾 木星近くで発見―米ハワイ大
2020年05月22日15時59分

木星が太陽の周りを回る公転軌道で、
木星に前後して多数分布する「トロヤ群」と呼ばれる小惑星の一つに、
彗星(すいせい)のような「尾」があることが分かった。
米ハワイ大学天文学研究所が22日までに発表した。
当初は小惑星とされた後、彗星のようなガスやちりの尾が
観測される例が増えており、木星のトロヤ群では初めての例だという。

この小惑星は昨年6月、ハワイ大が運用する
「小惑星地球衝突最終警報システム(ATLAS)」の望遠鏡で発見され、
「2019 LD2」と名付けられた。同月中に別の望遠鏡で尾が確認され、
今年4月の観測でも尾があった。
 観測チームによると、小惑星の地下に氷があり、
地滑りか別の小惑星との衝突によって露出し、
水蒸気などが放出された可能性が考えられる。
あるいは、表面に氷がある小天体が、
木星より遠く冷たい所から移動してきたかもしれないという。
13:世話人 :

2020/05/23 (Sat) 03:47:59

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590173279.jpg 見事なリングの形をした惑星状星雲、その正体は?
2020-05-22

■今日の天体画像:惑星状星雲Shapley 1
太陽に似た恒星はその晩年、赤色巨星から白色矮星へと
進化する過程で周囲にガスを放出するとされています。
放出されたガスは白色矮星へと変化していく中心星が
放射する強い紫外線によって電離して淡い輝きを放ち、
私たちには惑星状星雲として観測されます。

南天の「じょうぎ(定規)座」の方向およそ4900光年先に
ある「Shapley 1」は、ほぼ円形をしているだけでなく、
中心部分が空いたリングのように見える惑星状星雲です。
その姿から
「Fine Ring Nebula(ファインリング星雲)」とも呼ばれています。
そんなShapley 1の正体について、
一部の研究者は双極性の構造を持つ星雲ではないかと考えています。
整ったリングの形からは想像できませんが、
砂時計を上から覗き込むと円形に見えるように、
地球から見たShapley 1は双極性星雲を端から覗き込んだ姿
なのではないかというわけです。

続きはここへ
https://sorae.info/astronomy/20200522-shapley1.html
12:世話人 :

2020/05/22 (Fri) 16:11:17

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590131477.jpg ホリエモンロケット、支援の輪でコロナの闇を突き抜けろ
2020年5月22日 15時00分

 実業家の堀江貴文さん(47)が起業し、
人工衛星打ち上げ事業への参入を目指す北海道大樹町の宇宙ベンチャー、
インターステラテクノロジズ(IST)への支援の輪が広がっている。
新型コロナウイルスの影響で、ゴールデンウィーク(GW)に
計画していたロケット打ち上げを延期した。
事業継続のための経費をまかなおうと、
インターネットで緊急クラウドファンディング(CF)を始めたところ、
目標額の4倍を超える約3870万円(20日現在)が集まった。

4秒前 感染防止のため、町は打ち上げ延期要請 ホリエモン激怒
 ISTと大樹町は当初、小型ロケット「MOMO」5号機の打ち上げを、
5月2~6日の間に計画していた。ふだんなら打ち上げを一目見ようと、
多くの人が訪れる。ただ、今回は、新型コロナの感染拡大を防ぐため、
見学会場などを設けない「無観客」とし、来場自粛を呼びかけていた。

しかし、大樹町は、4月28日、ISTに打ち上げ延期を要請した。
全国でいち早く感染拡大が進んだ北海道だが、
大樹町を含む十勝地方の感染者は極めて少なかった。だが、
町民らから「自粛要請に応じない見学者が都会からやってきて、
感染が拡大するのでは」などという不安の声が出ていた。

ここから先は、一部有料記事ですがURLを張り付けておきます。
https://digital.asahi.com/articles/ASN5N3TB0N54IIPE007.html?_requesturl=articles%2FASN5N3TB0N54IIPE007.html&pn=4
11:世話人 :

2020/05/22 (Fri) 10:51:20

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590112280.jpg AXAが開発中の科学衛星・探査機のうち3機の打ち上げ時期が変更される
2020-05-22 sorae

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月19日、
2021年度に打ち上げを予定していた科学衛星や
探査機のうち3機の打ち上げ時期が変更されたことを明らかにしました。
同日開催された第56回宇宙開発利用部会において報告されています。
対象となるのは、X線分光撮像衛星「XRISM」、
小型月着陸実証機「SLIM」、および深宇宙探査技術実証機「DESTINY+」です。

■XRISMとSLIMは2022年度、DESTINY+は2024年度に
1つ目のXRISMは2016年に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」(運用終了)の
後継機として、NASAや欧州宇宙機関(ESA)などとも協力しつつ
開発が進められている衛星です。
当初は2021年度に打ち上げが予定されていましたが、
搭載される機器の試験中に不明事象が生じていることから、
2022年度の打ち上げを目指すとしています

詳しくはここへ
https://sorae.info/space/20200522-jaxa.html
10:世話人 :

2020/05/22 (Fri) 00:50:26

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590076226.jpg 渦巻くガスと塵のなかで惑星が形成されつつある様子、
詳細な観測に成功
2020-05-21 sorae

惑星は若い恒星を取り囲む原始惑星系円盤のなかで
形成されると考えられており、
原始惑星系円盤を観測できる恒星は多くの研究者から
注目されています。今回、
ヨーロッパ南天天文台(ESO)の望遠鏡を用いて、
今まさに惑星の形成が進行しているとみられる様子を
観測したとする研究成果が発表されています。

■形成途上の惑星の存在を示すとみられる特徴を確認
Anthony Boccaletti氏(パリ天文台)らの研究チームは、
ESOの「超大型望遠鏡(VLT)」に設置されている
観測装置「SPHERE」を使い、
ぎょしゃ座の方向およそ520光年先にある
若い星「ぎょしゃ座AB星(AB Aurigae)」の原始惑星系円盤を
赤外線の波長で観測しました。その結果、
星からおよそ30天文単位(太陽から海王星までの平均距離とほぼ同じ)の
ところに、円盤を構成する物質の流れがより合わされたように
見える明るい部分を確認しました。研究チームは、
この部分で惑星が形成されつつあると考えています。

続きはこちら
https://sorae.info/astronomy/20200521-ab-aurigae.html
9:世話人 :

2020/05/21 (Thu) 13:11:08

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590034268.jpg 100億光年先の宇宙まで見える 星空の街の天文台30周年
5/21(木) 11:30配信 神戸新聞NEXT

 「♪見上げてごらん夜の星を~」。
兵庫・佐用の夜空は、坂本九さんのヒット曲を
口ずさみたくさせるんです。
それもそのはず。都市部と比べれば、
およそ100倍の星たちが見えるから。
「星空の街」佐用の中心部に位置する大撫山(おおなでさん)
(標高435・5メートル)上には県立大学西はりま天文台があり、
国内最大の公開望遠鏡「なゆた」が、
私たちに100億光年かなたの宇宙を見せてくれる。
今春、開設から30年を迎えた天文台の歩みとともに、
佐用の輝く星空の秘密をお伝えします。


 天文台が佐用・大撫山にできたきっかけは、
県が計画する「西播磨野外CSR施設」の建設予定地に
なったことだった。どんな施設を大撫山頂につくるか-。
1987年、旧佐用町が住民から案を募り、
果樹園、キャンプ場などさまざまな意見が寄せられた。
「天体観測のできる施設」も多かった。決めあぐねた町と県の職員たちが、
実際に山を歩いて考えることに。まとまらないまま夜になったが、
頭上に輝き始めた星たちを見て確信した。

 「ここには星がある。天文台をつくりましょう」

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000007-kobenext-l28
8:世話人 :

2020/05/21 (Thu) 12:21:31

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590031291.jpg 国立天文台アルマ望遠鏡news

銀河形成理論に再考を迫る、宇宙初期の回転円盤銀河

ビッグバンで宇宙が始まって以来138億年の歴史の中で、
私たちが住む天の川銀河のようなほとんどの銀河は
長い時間をかけて成長し、現在のような巨大な姿に
なったと考えられています。しかし、アルマ望遠鏡による観測で、
宇宙年齢が現在のわずか1割だった時代に、
大きな質量を持つ回転円盤銀河があったことが明らかになりました。
これは、従来の銀河形成の理論モデルに疑問を突きつける重要な成果です。
この観測結果は、2020年5月20日付の科学誌「ネイチャー」に掲載されました。

今回アルマ望遠鏡で観測した銀河は「DLA0817g」と名付けられていますが、
研究チームは天文学者である故アーサー・ヴォルフェの名を
取って「ヴォルフェ円盤」と呼んでいます。
この銀河は、これまで発見された中で最も遠くにある回転円盤銀河です
アルマ望遠鏡の高い観測能力によって、
この銀河が秒速272キロメートルで回転していることが今回明らかになりました。
この回転速度は、天の川銀河の回転速度とほぼ同じです。

詳しくはここへ
https://alma-telescope.jp/news/wolfedisk-202005
7:世話人 :

2020/05/21 (Thu) 11:35:03

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590028503.jpg 「ハッブル宇宙望遠鏡の母」
ナンシー・グレース・ローマン博士を知っていますか?
5/21(木) 8:10配信BUSINESS INSIDER JAPAN

アメリカ航空宇宙局(NASA)は5月20日、
2020年代半ばの打ち上げを目指し開発中の
望遠鏡「Wide Field Infrared Survey Telescope(WFIRST)」の
正式名称を「Nancy Grace Romana Space Telescope(ローマン宇宙望遠鏡)」と
命名したことを発表した。

この名称は、2018年に亡くなったNASA最初の主任天文学者
であるナンシー・グレース・ローマン博士(1925~2018)にちなんだものだ。

WFIRSTあらためローマン宇宙望遠鏡は、
1990年の打ち上げから30年以上活動を続けている
「ハッブル宇宙望遠鏡」の後継機として開発されている。

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000002-binsiderl-sctch
6:世話人 :

2020/05/21 (Thu) 08:03:01

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1590015782.jpg 「こうのとり」9号機、打ち上げ成功 種子島宇宙センターからISSへ
5/21(木) 3:09配信 毎日新聞

三菱重工業は21日午前2時31分、
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の無人補給機「こうのとり」9号機を
載せたH2Bロケットを鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。
2009年の初号機以降、
8回連続して国際宇宙ステーション(ISS)への物資補給に成功しており、
同ロケットと共に最後の任務となる。
こうのとりは約15分後に予定した軌道に投入され、打ち上げは成功した。

宇宙飛行士が必要とする食料品や衣類、
実験装置やISSの電源となるバッテリーなどを運ぶ。
ISSには25日午後9時過ぎに到着する予定。

 21年度以降はJAXAが開発中の
後継機「HTV―X」がこうのとりの役割を引き継ぐ。

 こうのとりはISSのロボットアームでキャッチされていたが、
HTV―Xは米国が計画する月周回宇宙ステーションにも対応するため、
自動ドッキングの機能を備える。
こうのとり9号機はこの技術を獲得するため、ISSに接近する様子を撮影し、
動画をリアルタイムでISS内に伝送する実験も行う。

 打ち上げ時には毎回多くの人が見学に訪れるが、
今回は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、
地元の同県南種子町が見学場を閉鎖。
三菱重工業とJAXAは人員を約2割削減して準備に当たった。
5:世話人 :

2020/05/21 (Thu) 02:38:07

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1589996287.jpg 「こうのとり9号機」5月21日午前2時31分に打ち上げ

無事に打ちあがりました。

ISSまで4日かかるそうです。無事ドッキングを
祈っています。

33,000人が、視聴、すごいですね
4:世話人 :

2020/05/21 (Thu) 02:12:43

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1589994763.jpg 火星の青い夕暮れ。15年前に探査機「スピリット」が撮影
5/20(水) 22:43配信 sorae 宇宙へのポータルサイト

地球の空が青く、夕焼けが赤く見えるのは、
地球の大気を構成する分子が太陽光を散乱させるためです。
いっぽう火星の場合は大気中に舞い上がった細かな塵が
光を散乱させるため、昼間の空は赤っぽく、
夕方は太陽の近くが青っぽく見えるという、
地球とは逆の色合いになります。

今から15年前の2005年5月19日、
当時火星のグセフ・クレーターで探査を行っていたNASAの
火星探査車「スピリット」によって、
火星の夕暮れ時の空が撮影されています。
地球よりも火星のほうが太陽から遠いため、
太陽の見かけの大きさは地球から見た場合の3分の2ほどになっています。

続きはこちらへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00010002-sorae_jp-sctch
3:世話人 :

2020/05/20 (Wed) 23:37:51

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1589985471.jpg アストロアーツより
火星内部の環境を地球で再現、組成を決める鍵となるか

火星の核における高温高圧状態を再現した実験により、
火星核と似た環境を伝わる地震波の速度が精密に測定された。
この結果を探査機「インサイト」が直接調べている
「火震」と比較することで、核の組成を特定したり
火星の起源を探ったりできるかもしれない。
【2020年5月20日 東京大学】

火星は地球の次に研究が進んだ惑星であり、
探査がさかんに行われている惑星でもある。
これまで行われてきた地球物理的観測や火星由来とされる隕石の研究から、
火星にも液体鉄-硫黄合金でできた金属核(コア)が存在すると
考えられてきた。火星核の化学組成は火星の起源と深く関わるものだが、
これまで内部探査が行われてこなかったため、
火星内部の構造や化学組成に関してはいまだによくわかっていない。

続きはこちら
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11261_mars
2:世話人 :

2020/05/20 (Wed) 23:28:31

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_868800/868776/full/868776_1589984911.jpg 木星のガリレオ衛星はどう形成された?
5/20(水) 21:15配信sorae 宇宙へのポータルサイト

木星の大きな衛星イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの4つは、
1610年にガリレオ・ガリレイが発見したことから
ガリレオ衛星とも呼ばれています。
若い木星の周囲でどのようにしてガリレオ衛星が形成されていったのか、
その過程に迫った研究成果が発表されています。

研究チームによると、木星の周惑星円盤が周囲の塵を蓄積する
収集装置のように働き、円盤のなかでは氷や岩石でできた大きな衛星が誕生。
その後、形成された衛星は周惑星円盤のガスと相互作用することで軌道が変化し、
木星の近くへ移動していったとみられています。
最初に形成されたのはガリレオ衛星のうち最も内側のイオで、
次にすぐ外側のエウロパが形成されたとみられており、
形成に要した期間はどちらも6000年ほどだったと試算されています。
その後はさらに外側のガニメデが形成されたとみられますが、
その期間はイオやエウロパの5倍となる3万年ほどを要したようです。

最後のカリストが形成される頃には太陽の放射によって
周惑星円盤を構成する物質の多くが吹き飛ばされてしまい、
半分の質量まで成長するのに5万年ほど、
成長を終えるまでには900万年ほどかかったとみられています。

詳しくはここへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00010001-sorae_jp-sctch

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.