うちゅう☆彡むちゅうサークル

26565
うちゅう☆彡むちゅうサークルは、大阪市立科学館友の会公認のサークルです。 サークルに関する連絡用に使用します。 運営上、ふさわしくない投稿に関しては、その都度対応させて戴きます。

天文現象と写真 - 世話人

2020/05/01 (Fri) 17:36:36

天文現象写真でスレッドを挙げていましたが。

「天文現象と写真」のスレッドにします。

これから起こる、天文現象や見やすい角度のISSの通過など、
また、それぞれの写した写真なども紹介したいと思います。

会員の皆様も紹介したい写真があれば、投稿してください。

Re: 天文現象と写真 - 管理人

2020/08/08 (Sat) 10:33:36

星の好きな人のための新着情報より 8月8日

2020年ペルセウス座流星群

科学館プラネタリウム
学芸員スペシャルで、飯山学芸員のお話があります。
・8/9(日) 「もっと知りたいペルセウス座流星群」飯山学芸員

・8/10(月・祝) 「もっと知りたいペルセウス座流星群」飯山学芸員

・8/11(火) 「もっと知りたいペルセウス座流星群」飯山学芸員
「もっと知りたいペルセウス座流星群」
8月12日頃に見られるペルセウス座流星群について、
どんなふうに見ることができるのかご紹介します。また、
流れ星とは何か、流星群とは何かを解説する
「星の降る夜に」の22分バージョンもご覧いただきます。

3日連続楽しみですね。

添付の画像は、佐藤様のホームページより、ご参考に!

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/08/05 (Wed) 14:19:28

今夜「きぼう(ISS)」が見られるチャンス! 時間や観察のポイントは
8/5(水) 13:44配信tenki.jp

きょう5日、19時48分頃に「きぼう」/国際宇宙ステーション
(ISS)を見られるチャンスです。
観測のポイントや各地の今夜の天気をまとめました。

見られる地域や時刻
国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400km上空に
建設された実験施設。「きぼう」はその中の日本実験棟の名前です。
ISSはサッカー場くらいの大きさで、
条件が揃えば地上から肉眼で見ることができます。

きょう5日、19時45分頃から51分頃までに、
九州から関東を中心に観察のチャンスがあります。
上の図は各地の最大仰角の時刻と見える方角で、
この時刻の2~3分前から見え始める所が多くなっています。

明るい星のような光が、飛行機よりも速めのスピードで、
流れて行くように見えます。望遠鏡などを使うと、
視野が限定されてしまい、見逃す可能性がありますので、
肉眼で探すと良いでしょう。スマートフォンなどで動画の
撮影もオススメです。光がスーッと動いていく様子をとらえることもできます。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/08/03 (Mon) 10:39:40

今夜は満月「スタージェンムーン」 夜の天気は?
8/3(月) 7:04配信ウェザーニュース

今夜昇ってくるお月さまは、
日付が変わって明日4日(火)1時頃に満月の瞬間を迎えます。
今夜はゆっくりと空を見上げてみませんか?

今夜の天気は
提供:ウェザーニュース

今夜から明日4日(火)未明にかけて、東日本や西日本の広範囲で
満月を見ることが出来そうです。昼間と比べると雲が
増えるところがあるものの、明るい満月は簡単に見つけられそうです。

ただ、北海道は接近する低気圧の影響で雨が降り、東北や中部地方でも
一部で雨雲が発生する予想です。
これらの地域では雲に邪魔されて満月を見るのは難しそうです。

また、沖縄の先島諸島からは台風4号が離れますが、
すぐに天気は回復せず天体観測は厳しくなりそうです。

8月の満月、英語で“Sturgeon Moon”
アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前を、
動物や植物、季節のイベントなど実に様々につけていました。

8月の満月は“Sturgeon Moon(チョウザメ月)”といわれています。

スタージェン…と聞いても日本人にはあまりなじみの無い英単語ですが、
アメリカ先住民の間ではチョウザメ漁はこの季節を象徴するものだったようです。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/08/02 (Sun) 14:10:55

国際宇宙ステーション/きぼう 今夜20時半頃に日本上空を通過
8/2(日) 10:34配信ウェザーニュース

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、8月2日(日)20時29分頃に、
国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過します。

遮る雲が無ければ、全国的に国際宇宙ステーション/きぼうを見る
チャンスがありそうです。
(通過時間は、多少前後する可能性がありますのでご了承ください。)

気になる天気は?
今夜は高気圧圏内の西日本で晴れて、観測のチャンス大です。

東日本や北日本は雲が広がり、観測は難しいところが多くなります。

観測のポイント
宇宙ステーションは、一番星のような明るい点が、はじめはゆっくり、
天頂に近づくほど速く動いているように見えます。

条件がよければ-2等星ほどの明るさ(1等星の基準の約15倍)に
なる国際宇宙ステーションは、街中でも見つけやすく、
方角と仰角が合えば公園や家のベランダで気軽に見られます。

確実に発見したい場合は、できるだけ空が開けていて、
周りに高い建物が少ない場所がおすすめです。

国際宇宙ステーション/きぼうとは
シャッターを数分間開けた写真(2018年1月25日)

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上約400km上空に建設された、
人類史上最大の宇宙施設です。(中略)

特別な環境を利用して、宇宙での実験・研究や地球・天体の観測などを
行うプロジェクトが国際宇宙ステーション(ISS)計画です。(出典:JAXA)

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/31 (Fri) 01:30:37

星の好きな人のための新着情報より
2020年7月31日

★ KAGAYAさんによる8月のお勧め天文現象

【8月のお勧め天文現象】全て肉眼でOK
▶8/1-5 宵に宇宙ステーションが見える
▶8/2 月と木星、土星が近づいて見える
▶8/3深夜(8/4未明) 満月
▶8/12-13 ペルセウス座流星群
▶8/16明け方 細い月と金星が並んで見える
▶8/25 伝統的七夕

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/30 (Thu) 00:44:46

ビクセンより

2020年夏から秋は、火星観察に絶好の機会!
火星観察をナビゲートするアプリ「Mars Book」をアップデート

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン
(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、
火星観察に役立つ専用アプリ『Mars Book(マーズブック)』を
アップデートしました。

『Mars Book』は、星空の中で火星がどの位置に輝いているかを表示する、
火星観察にたいへん便利なアプリです。また、火星大接近がなぜ起こるのか、
宇宙からの視点で星図とアニメーションを使い分かりやすく説明します。

■火星接近の情報を追加
2020年の火星接近に対応した説明に更新しました。
2020年8月から11月にかけて火星が地球に接近し、10月6日に最も接近します。

火星選択星図表示モードにて、望遠鏡視野表示をONにすることで望遠鏡の視野を
シミュレーションすることができます。

詳しくはこちらへ
https://www.vixen.co.jp/post/200729k/

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/26 (Sun) 22:42:43

星の好きな人のための新着情報より

ネオワイズ彗星(C/2020 F3)、
2020年7月26日~8月10日の宵の動き。日没1時間後。
場所は兵庫県明石市。高度方位線は10度間隔。
この図の空は7月26日の空。(月の位置と月齢が変わります)

ステラナビゲーターで、位置と光度を表示されています。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/26 (Sun) 22:29:25

星の好きな人のための新着情報より 佐藤幹哉の流星研究ページ

2020年のペルセウス座流星群の情報
2020年のペルセウス座流星群について、
流星が多く見られると予想される極大の頃の情報をまとめました。
極大時刻(世界的に見た場合)
2020年8月12日 22時12分(日本時)

この時刻は、過去の活動から極大が推測される
「太陽黄経が140.0度(2000年分点)となる時刻」を
分単位で計算したものです。ただ、ペルセウス座流星群の極大は
数時間継続しますので、「分の単位」まで意味を持つわけではなく、
あくまで目安です。
この時間帯は、日本では夜の時間帯にあたっており、
極大時刻から見た観測条件は比較的良いことになります。
実際の流星が多く見えるのは、放射点が高くなるこの後の時間帯です。

流星が比較的多く見られる夜は、8月11日夜~12日朝、
12日夜~13日朝、13日夜~14日朝の3夜と予想されます。
極大時刻は8月12日22時頃です。この時間帯は、
日本では実際にペルセウス座流星群の流星が流れ始める時間帯です。
実際には、放射点がさらに高く昇ってくるこれよりも後の時間帯で
数が多くなります。最も多く見られるのは、
8月13日の0~3時頃(12日深夜24~27時)となりそうです。
ただし、今年は、月明かりの影響を大きく受けるため、
例年よりも見られる流星数が少なくなりそうです。
深夜に月が昇り、明け方まで月明かりの影響を受けます。
そこで、月が昇る前の深夜の時間帯も、
(少々流星数は少なくなりますが)観察におすすめの時間帯です。
参考:東京での月の出の時刻
8月11日:22時45分
8月12日:23時17分
8月13日:23時55分
極大夜の前後にあたる8月11日夜~12日朝と、
8月13日夜~14日朝も、極大夜のおよそ半分程の流星数が見込まれます。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/18 (Sat) 09:19:19

アストロアーツより

2020年7月下旬 明け方の空に全惑星が見える
7月中旬から下旬にかけて、明け方の空で、
水星から海王星まで全惑星を見ることができる。

7月16日ごろから26日ごろまで、明け方の空に
水星から海王星まで7惑星が全部見える。
一度に全惑星を眺めることができるという珍しい機会だ。
さらに19日ごろまでは下弦過ぎの細い月も同時に見える。

タイミングは日の出の1時間前から30分前くらいの約30分間となる。
これより早いと東北東の空の水星が低すぎて見づらく、
反対にこれより遅いと南西の空の木星が低くなってしまう。
見晴らしの良いところで観察しよう。また、天王星と海王星を
見るには少なくとも双眼鏡が必要となる。「ステラナビゲータ」や
各種モバイルアプリで位置を確認し、なるべく空が暗いうちに見つけよう。

一度に見るという制限を外せば、宵のころに木星と土星を見ておき、
空が暗い時間帯に天王星と海王星を見つけて、
明け方に水星を探せば多少は見やすくなる。
肉眼でも水・金・火・木・土星(と地球、月)は見え、
双眼鏡や天体望遠鏡なら木星のガリレオ衛星や土星の
衛星タイタンなどまでも観察できる。ぜひ一晩のうちに、
なるべく多くの太陽系天体を見つけてみよう。

大阪の日の出は5時前後です。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/11 (Sat) 22:56:31

ISS(国際宇宙ステーション)の観測しやすい日が
発表されました。

中々晴れの日が少ないですが、チャンスがあればいいですね

詳しくはここへ
http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/osaka/

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/10 (Fri) 10:11:11

星の好きな人のための新着情報より
7月10日発信 国立天文台より

2020年7月10日、金星が最大光度
7月に入ると、日の出前の明るくなり始めた東の空に、
明るく輝く金星が目にとまるようになってきました。
金星は日を追うごとに少しずつ高度を上げ、
見やすくなっていきます。加えて、
10日には明るさも最大となり(「最大光度」と呼びます)、
マイナス4.5等に達します。
これは、1等星の100倍以上の明るさです。

金星は約1年7カ月の周期で満ち欠けを繰り返しています。
最大光度の頃の金星を双眼鏡や望遠鏡で観察すると、
三日月のように欠けているのがわかります。

金星はこれから8月にかけて高度を上げ、
よく目を引くようになります。さらに2020年の末までは、
「明けの明星」として金星を楽しむことができます。

毎日のように天候不順で中々、見ることができないですが
晴れた日は、満ち欠けを見るのも、面白いですね。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/04 (Sat) 08:36:00

星の好きな人のための新着情報より

ネオワイズ彗星(C/2020 F3)さっそく撮影した人が

Twitterより

画像を見てください

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/07/03 (Fri) 17:11:02

大阪市立科学館、学芸員の紹介コーナーより
http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/question/text/index.phtml#anohosi
石坂学芸員が、毎月紹介されています。
都会の空では、なかなか見えにくい星もあります。
そんな時は、科学館のプラネを見たら、
「今日の星空」解説があります(笑)

あの明るい星は何ですか 2020年7月に通用するお答え

夕方の空(19時~21時) 
 北西の空の、ひしゃくの形にならぶ7つの星→北斗七星(おおぐま座)
 西の低空のひかえめな白い星→しし座のレグルス
 西の空高くいオレンジの星→うしかい座のアークトゥルス
 南西のひかえめな青白い星→おとめ座のスピカ
 東の空高くの明るい白い星→こと座のベガ「おりひめ星」
 北東の空の白い星→はくちょう座のデネブ
 東の空の白い星→わし座のアルタイル「ひこ星」
 南東の低空のものすごく明るい黄色い星→木星

宵の空(21時~23時)
 夕方の空の星が、全体に西に移動してみえます。
 北西~西~南西の低空・・・春の大曲線
   (北斗七星~アークトゥルス~スピカ)
 頭の真上近くの3つの一等星→「夏の大三角」
  (こと座ベガ、はくちょう座デネブ、わし座アルタイル)
 南の低空の赤い星→さそり座のアンタレス
 木星の左にならぶ黄色い星→土星
   
夜中の空(23時~2時)
 宵の空の星が、全体に西に移動してみえます。
 東の空の赤い星→火星
 北東の空のW型にならぶ5つの星→カシオペヤ座    
 明け方の空(2時~4時)
 夜中の空の星が、全体に西に移動してみえます。  
 北東の明るい黄色い星→ぎょしゃ座のカペラ
 夜明け前、東の低空の、ものすごく明るい星→金星「明けの明星」
 金星の近くの赤い星→おうし座のアルデバラン
 金星の上のごちゃごちゃした星のあつまり→プレアデス星団「すばる」

一般的なお答え
 目立つ星としては3つの可能性があります。
 一つはその季節の1等星です。季節がくれば毎年見えます。
 星座の星ですので、星座ごと覚えておくと分かりやすいです。

 二つ目は不定期に現れる太陽系の惑星の可能性があります。
 惑星は明るく、あまり瞬かないことが特徴です。また、
 望遠鏡で観察すると模様が見えます。
 もしどちらにも当てはまらない星だったら、新星や超新星と
 いった星の爆発の可能性があります。でもこれは、数十年に
 一度くらいのことで、可能性はとても低いです。
 (文責:石坂)

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/29 (Mon) 14:26:52

アストロアーツより
2020年7月5日 月と木星が接近

7月5日の宵から6日の明け方、月齢14の満月と木星が接近して見える。

マイナス2.7等級と明るい木星と満月が並ぶ光景は見ごたえがあり、
ほぼ一晩中見えることから人目を引くだろう。宵の時間帯にはやや低いが、
14日に衝を迎える木星を天体望遠鏡で観察するのも面白い。
月と木星の左(東)には土星も並んでおり、
6日の宵から7日明け方に月と土星が接近する。2日連続で月と惑星の共演を
見てみよう。月と木星の次回の接近は8月1日から2日。

7月6日の宵から7日の明け方、月齢15の満月過ぎの月と土星が接近して見える。

月と土星の右には木星もあり、明るい3天体が集まっている光景が楽しめる。
肉眼や双眼鏡で眺めたり、写真に収めたりしてみよう。注意深く観察すると、
時間が経つにつれて月と土星の間隔が広がっていくことにも気づけるかもしれない。
遅い時間帯ではあるが、21日に衝を迎える土星を天体望遠鏡で観察するのも面白いだろう。
次回の接近は8月2日から3日。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/26 (Fri) 17:06:59

アストロアーツより

2020年7月 ネオワイズ彗星が3等前後
2020年7月ごろ、ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が3等前後まで
明るくなると予想されている。
中旬以降に夕方から宵の北西の空に見える。

7月ごろ、ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が明るくなると
予想されている。ぎょしゃ座からやまねこ座、おおぐま座、
かみのけ座へと移動していき、中旬までは明け方の北東の低空に、
中旬以降は夕方から宵にかけて北西の空に見える。

明るさは3等前後と予想されているが、
アトラス彗星(C/2019 Y4)やスワン彗星(C/2020 F8)のように
期待されながら増光が鈍った例もあるので、
慎重に推移を追っていこう。7月上旬に太陽に最接近した際に
消滅せず生き残るかどうかが、最初のポイントとなりそうだ。
7月末から8月はじめごろにも明るさを保っていれば、
かみのけ座の散開星団Mel 111や黒眼銀河M64などと接近する
様子が楽しめるだろう。

また、同時期にはレモン彗星(C/2019 U6)も夕方に6等前後に
なると予想されているので、こちらにも注目してみよう。

※予想等級は6月17日時点のものです。
COBSの観測データや吉田誠一さんのウェブページの情報などに
基づいて計算しており、随時修正する可能性があります。

ネオワイズ彗星の記事、詳しくはこちらへ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11302_ph200700
レモン彗星の記事はこちらへ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11303_ph200700

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/22 (Mon) 09:24:41

21日部分日食を撮りに、紀の川迄行ってきました。
望遠鏡にソーラーシートをセットして、最大食迄
我慢しましたが、雲が改善されることなく、絶望的

事前の太陽と雲ですが、見てください(画像)

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/19 (Fri) 08:33:31

Yahooニュースより
気象予報士、森田正光さん

372年ぶり夏至の日食、予報は曇り時々晴れ
2020年6月21日と聞いてザワザワする方、そう、
たぶん「日食病(関連記事参照)」にかかっています。

(日食病という言葉が誰によって言われだしたのかは分かりませんが、
一度皆既日食を見るとその美しさに感動して、何度も何度も皆既日食を
追いかけるというのが、病の特徴的な症状です。)

この日、東京を含め日本から東南アジア、アフリカにかけて広範囲に部分日食と
一部で金環日食が見られます。

日食には「部分」「金環」「皆既」の三種類があります。
作家の故・赤瀬川原平氏は
「金環日食が10万円だとすると皆既日食は100万円ぐらい」と
述べていますが私自身は、金環日食は部分日食と同じカテゴリーで、
価値は皆既日食の足元にも及ばないと思っています。
(もちろん天文学的な意味では無く、個人の趣味としての感想です)

300年以上無い 夏至の日食
 日本で部分日食が見られることは、それほど珍しいことではありません。
国立天文台のデータによると、東京に限っても過去100年間で40回ほどあったので、
およそ2~3年に1回の頻度、昨年にいたっては1年に2回もありました。
しかも部分日食だと太陽がほとんど「隠れた感」が無く、
天気が悪いと関心も持たれにくい。そうしたことから、
日食に対しての世間の反応はそれほど高くありません。

次は約800年後に・・?
 もし、今回天気が悪くて見られなかったら、次に広範囲で見られるのは
10年後の2030年になります。さらに夏至の日食でいうと、2802年なんてデータも。
その頃には地球はどうなっているのか。
そう考えると今回の日食がますます貴重に思えてなりません。

ちなみに、その5年後2035年は約150年ぶりに本州で皆既日食が見られるチャンスです。

今後の日食予定 

2023年4月20日 部分日食(九州南部、紀伊半島など)

2030年6月1日 金環日食(北海道)部分日食(全国)

2035年9月2日 皆既日食(北陸から北関東)
さらに、詳しい解説はこちらへ
https://news.yahoo.co.jp/byline/moritamasamitsu/20200618-00183937/

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/16 (Tue) 23:30:24

星の好きな人のための新着情報より

ネオワイズ彗星 (C/2020 F3, NEOWISE)
7月3日に近日点を通過、その後、7月中旬ごろ、北半球で3~4等?


Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/13 (Sat) 06:43:26

星の好きな人のための新着情報より

2020年6月21日部分日食 特設ページ(国立天文台)
2020年6月21日の午後、日本全国で部分日食が見られます。
この特設ページでは、国立天文台の部分日食ライブ配信と
国立天文台三鷹キャンパスの太陽フレア望遠鏡からの
画像をご覧いただけます。

ご注意
天候の状況によっては部分日食の様子がご覧いただけなかったり、
ライブ配信を中止したり、画像の更新が止まる場合があります。
部分日食時、アクセス過多により本ページや画像の表示が
できなくなる可能性があります。
国立天文台太陽観測科学プロジェクトのサイトでは、
太陽フレア望遠鏡による他の波長の太陽の様子もご覧いただけます。

こちらも見てください
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/06-topics03.html

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/09 (Tue) 09:25:29

天文現象と写真 0609配信

6月8日深夜、月と木星と土星背の接近がありました。

近くの淀川で(電線シリーズ)撮ってきました。
あいにく薄曇りで、月がはっきり、写りませんでしたが
木星は。肉眼でもよく見えました。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/07 (Sun) 08:38:11

天文現象と写真
6月6日、今年2回目の「半影月食」を撮ってきました。

今回の半影月食は、6月6日午前2時43分に始まり
午前6時6分に終わるのだが、食の最大は午前4時25分
大阪の月没は、4時53分、食の終りまで見れない。
そこで、県外自粛が出ているので、泉南市の道の駅「みさき」へ
始まりの月高度は20度、食最大の月高度は5度なので
もう少し、南の「とっとパーク」へ行けば月没迄、見れたかも?
しかし、ここは、下の駐車場のベストポジションが狭い、
先客が居るかもしれないし、トイレも近くない!ので
「みさき」で我慢(笑)

みさきで撮った写真を紹介します。
ピンボケの写真です、見にくいですが、我慢してみてね!
午前1時ごろ到着、三脚にカメラ、望遠レンズをセットして撮影。
121枚のうち、時系列に3枚を並べました。
 

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/05 (Fri) 12:17:08

6月21日(日)の夕方、日本全国で部分日食が見られます。
日本で日食が見られるのは、昨年12月26日以来となります。

南西の地域ほど欠け具合が大きく、継続時間が長くなり、
那覇では最大食分0.84(太陽の直径の84%が隠される)で
継続時間は約2時間20分となります。
現象が起こる時刻や食の継続時間、
太陽の高さなどは場所により異なるため、事前にご確認くください。
一年で最も昼が長い夏至の日に起こる日食を、是非楽しんでみてください。

なお、この日食はアフリカ〜インド、中国、台湾では、
継続時間1分前後の金環日食となります。
継続時間が短いので、細いリングが見えそうです。

国立天文台「ほしぞら情報」https://www.nao.ac.jp/astro/sky/

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/05 (Fri) 12:12:10

13日(土)の未明から明け方、
南東の空で月齢21の下弦前の半月と火星が接近して見えます。

10月に地球と最接近する火星は日付が変わるころに昇り、
0等級より明るくなっています。
地球と最接近する前後だけでなく長期にわたって観察してこそ
火星の動きや明るさの変化がわかるため、
ぜひ今のうちから観察してみてください。
また、火星のそばには海王星もあります。

月と火星の次回の接近は7月12日(日)です。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/05 (Fri) 12:08:32

8日(月)の深夜から9日(火)の明け方にかけて、
南東の空で月齢17の月と木星が接近して見えます。
約1か月後に衝を迎える木星はマイナス2.6等級で輝いており、
明るい月と並んでも存在感があります。
また、月と木星の左には土星もあり、
視野7度の双眼鏡で3天体を同時に見ることができます。
いろいろな方法で月と惑星の共演を観察して楽しんでみてください。

月と木星の次回の接近は7月5日(日)から6日(月)、
月と土星の次回の接近は7月6日(月)から7日(火)です。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/05 (Fri) 12:00:13

2020年6月は日食や月食、惑星の接近などイベント盛りだくさんとなっています。
夜のおうち時間は、窓から夜空を見上げて、天体観測をお楽しみください。

6日(土)の未明から明け方にかけて、
地球の半影に月が隠される半影月食が起こります。
今年は日本から月食が3回見られますが、
いずれも地球の影のうち半影と呼ばれる薄い部分に月が隠される半影月食となります。
1月11日に続き、2回目が、6月6日の未明から明け方にかけて起こります。
食の始まりは2時46分ごろ、食の最大は4時25分ごろ、
終わりは6時4分ごろで、どれも全国共通です。
西日本でも空が明るく低空での現象となる
(食の終わりより前に月の入りとなる)ので非常に見づらいですが
撮影してみると月の左下がやや暗いのがわかるかもしれません。
しっかりと準備を整えて観察してみてください。
次回の日本から見える半影月食は11月30日(月)です。
6月は6日(土)4時12分に満月を迎えます。
6月の満月はストロベリームーン
アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前をつけていました。
6月は、イチゴの収穫が行われるため、この名前がつけられたと言われています。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/02 (Tue) 14:26:09

今夜も「きぼう(ISS)」がみえる 北ほど観察のチャンスあり
6/2(火) 12:43配信tenki.jp

2日20時11分頃に「きぼう」/国際宇宙ステーション(ISS)を
見られるチャンスです。観察のポイントと各地の今夜の天気です。

見られる地域や時刻
国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400km上空に建設された実験施設。
「きぼう」はその中の日本実験棟の名前です。
ISSはサッカー場くらいの大きさで、条件が揃えば地上から肉眼で見ることができます。

今夜(2日)20時10分頃から11分頃に、
北海道や東北などを中心に観察のチャンスがあります。
上の図は各地の最大仰角の時刻と見える方角で、
この時刻の2~3分前から見え始める所があります。

近畿は中部がGPVでは雲がないですが、
JAXAの大阪における、方位や迎角です、少し低いので
開けたところがいいですね。

続きはこちらへ
https://news.yahoo.co.jp/articles/682043ad702c80340b22290039f0bae8e278893d

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/01 (Mon) 08:25:15

天文・横浜 | 星☆クラブ横浜は、神奈川県横浜市の天文同好会様、会報より

月面の猫 の紹介がありました。
2020年6月6日(土)が満月です。
大阪の月出は、19時44分 23時20分頃、南南東30度の高さに、
まぶしいですが、コルキットや双眼鏡でみれます。
写真に撮ってみるのも、いいですね。
ステラナビゲーターをお持ちの方、日付と時間を合わせて、月を拡大
なんとなく見えます。(笑)


月面に猫がいます。
場所は、ティコクレーターの上の方、雲の海の上部、
クレーターで言うとラッセルクレーターの部分のようです。
雲の海の一部が少し濃くなっているようなところで、
その形がちょうど猫耳に見えます。
更にラッセルクレーターと隣のクレーターが、
寄り目の猫目に見えてくる…というものです。この辺、
もっと解像度の高い画像だとそうは見えないので、
このプロミナーでの画像ぐらいがちょうどいいのかもしれません。

…え?そんな猫はいないぞって?まぁ、
見える人にだけ見えるということで… …(^^;
それだけでは面白くないので、こんな感じに見えるというのを示しておきます。
ほら、もうこの部分が猫にしか見えなくなります…。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/01 (Mon) 00:42:15

アストロアーツより

2020年6月6日 半影月食

今年は日本から月食が3回見られるが、
いずれも地球の影のうち半影と呼ばれる薄い部分に月が隠される半影月食だ。
1月11日に続く2回目が、6月6日の未明から明け方にかけて起こる。
食の始まりは2時46分ごろ、食の最大は4時25分ごろ、
終わりは6時4分ごろで、どれも全国共通である。

西日本では空が明るく低空での現象となる(食終了より前に月の入りとなる)
ので非常に見づらいが、撮影してみると月の左下がやや暗いのがわかるかもしれない。
しっかりと準備を整えて観察してみよう。
次回の日本から見える半影月食は11月30日。

月食時の月の高度
半影食の始まり 2時45.8分  大阪19.9度
食の最大        4時25分   大阪4.5度
     
        月没  4時53分

半影食の終り      6時4.1分  大阪、地平線下

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/06/01 (Mon) 00:19:49

国立天文台 天文情報より

今年一番見やすい水星を探そう

太陽系の惑星のうち最も内側を回る水星は、
見かけ上太陽から大きく離れることがないため、
普段は地平線からの高度が低く見つけるのが難しい惑星です。
しかし6月4日に、太陽から最も離れる東方最大離角を迎えるため、
日の入り直後の西の空で見つけやすくなります。
6月1日には2020年を通して最も高い高度に達し、その前後の
5月21日から6月13日という長い期間にわたって、見やすい状態が続きます。

水星を見つけるためには、日の入り直後、西側に遮る物がない場所で、
まずしっかりと真西の方位を確認します。そして、
真西より少し北寄りの地平線から高度10度を超える空に、水星を探します。
時間が経過すると水星の高度が低くなること、
日によって見える位置が違うことには注意が必要です。
双眼鏡を持っている方は、肉眼より簡単に水星を捉えることができますので、
使ってみることをお勧めします。視野が5度くらいの双眼鏡が多いため、
それを念頭に置いて水星を探しましょう。双眼鏡で太陽を見ないよう、
必ず日の入り後に観察するようにしてください。

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/06-topics01.html

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/31 (Sun) 07:43:52

SpaceStationARさん、Twiterより

#SpaceX 社の #CrewDragon は今晩23時台にISSにドッキング予定です。
西日本では21:44頃から、タンデム飛行する2機(ISSとクルードラゴン機)
が見える可能性があります。
CrewDragonは軌道情報が公開され次第 #SpaceStationAR を参照。

https://ssar.space/

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/29 (Fri) 06:55:39

次も、増田様から提供いただきました。
(メール文面を転記)
夕方、西の空は雲が多くて見ることが出来ませんでした。
28日は、久しぶりに西の空が開けたので、挑戦しました。
金星と水星は思っていた以上に離れていて、
(金星は地平線下)
同時に見ることは出来ませんでしたが、
水星は肉眼でも確認出来ました。
水星の写真を手持ちカメラで撮ってみましたのでお送りします。
(Mさん)

5月28日 19時46分(DSC 01783) 水星

(世話人が、ステラで検証、画像に文字を入れ、加工しました)

画像サイズが大きく、掲示板に投稿できないのでリサイズしています。
5月28日、19時46分 水星
          

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/29 (Fri) 06:49:32

増田様より、提供いただきました天文現象写真です。

5月20日、20時10分 金星と水星です。
     あいにく、金星は雲に隠れています。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/29 (Fri) 05:01:57

アストロアーツ 天文現象より
6月の主な天文現象を、紹介します。

4日(木)水星が東方最大離角
     大阪19:50頃、西北西a0度(高度)

6日(土)半影月食
     開始2:46南西20度~
     食の最大4:25西南西5度
     半影終了(6:04)前に月没4:53になります

8日(月)月と木星が接近 視野5度、0時ごろ南東

13日(土)月と火星が接近 東南東2時 視野7度

14日ごろ 火星と海王星が大接近
     東南東2時ごろ

21日(日)部分日食 
     第1接触16:06西35度、
     食の最大17:11西北西22度、
     第4接触18:08西北西11度

22日(月)夕空の低空に月と水星が並ぶ、19:20西北西6度


近畿地方の梅雨入りが例年6月中旬からを、考えると、部分日食の日は
晴れてほしいですね。科学館で、見れたらいいですね。

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/27 (Wed) 20:49:03

ISS(国際宇宙ステーション)の観測しやすい日が発表されました。

5/31 21:44(北西、 見え始め、迎角13度)21:45:30(北西、最大迎角32度)
6/1  20:56(北北西、見え始め、迎角11度)20:59:00(北東、最大迎角42度)
6/3  20:57(西南西、見え始め、迎角11度)21:00:00(南西、最大迎角52度)
6/4  20:09(北西、 見え始め、迎角11度)20:12:00(北、 最大迎角73度)

全国の非常事態宣言が解除されつつ、あります。
このころは、もう外で見ることができるでしょう。

ISSの通過時間は、直前に、確認してください。若干の時間変更があるかも?
確認は、ここへ
http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/osaka/

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/20 (Wed) 21:59:29

アストロアーツより

いつも低空なので「水星を見たことがない」と
いう人も多いのでは?

この週末にかけ、金星を目印に「人生初水星」のチャンス!!
日没後の西南西の空で金星を見つけたら近くを探そう。
双眼鏡があれば楽勝。
両惑星の最接近は明後日22日。24日には月も参集。

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11219_ph200522

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/19 (Tue) 09:00:46

アストロアーツより

2020年5月下旬 水星と金星が大接近

5月下旬ごろ、夕方の西北西の低空で、
水星と金星が大接近する。

最接近は5月22日ごろで、1度未満まで近づく。
19日ごろから25日ごろまでは双眼鏡の同一視野に見えるので、
金星を目印にして水星を見つけるチャンスだ。
水星もじゅうぶん明るいので、位置さえわかれば肉眼でも見える。
また、24日には細い月も近づき、3天体の集合が見られる。

日の入り30分後の高度が約10度とかなり低空の現象なので、
西北西の空が開けたところで観察しよう。

関連する記事はここへ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11219_ph200522

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/17 (Sun) 18:07:06

夜空を横切る国際宇宙ステーションの速度を、
スマートフォンのカメラだけで測定する方法
宇宙飛行士たちが活動している国際宇宙ステーション(ISS)は、
実は夜空を見上げると目視することができる。
その様子をスマートフォンのカメラのナイトモードで撮影することで、
ISSが地球を周回するスピードを計算してみよう。

地球軌道を周回している国際宇宙ステーション(ISS)を
見たことがあるだろうか。
もしなければ、あなたは素晴らしいものを見逃してしまっている。
望遠鏡をもっていなくても大丈夫。ISSは、空が暗ければ容易に目視できる。

スマートフォンのナイトモードを活用
では、測定方法の仕組みを説明していこう。
今回使用するのは、「iPhone 11」に搭載されたナイトモード機能だ。
ナイトモードは、暗所でより多くの光を集めるために露光時間を増やす機能である。

以下のページで詳しく解説
https://wired.jp/2020/05/11/measure-the-speed-of-the-iss-with-your-iphone/


Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/13 (Wed) 04:23:40

5月13日 午前4時ごろ
南の空で月と木星と土星の接近がありました。

手持ちで撮ってみました。
土星が少しわかりにくい(土星の文字の上)

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/12 (Tue) 06:41:52

tenki.jpより
12日~16日 「月」と「3つの惑星」の接近を楽しもう
5/11(月) 18:04配信 https://tenki.jp/

月と3惑星が接近
今週は日付が替わる頃になると月が昇ってきます。
また、同じ頃から木星や土星も昇り、
少し離れた所に火星も姿を見せ始めます。
時間がたつにつれて高く昇るようになり、
未明から明け方に月と3つの惑星が
近くで輝く姿を楽しむことができます。

気になるお天気は
12日は、梅雨入りした沖縄と奄美をのぞいて晴れる所が多く、
星空観察によさそうです。
月と木星、土星が最も近づく13日は、
北陸から北海道では雨雲のかかる所があるものの、
そのほかは朝の気温も高めで、気軽に星空を楽しめそうです。
月が火星に最も近づいて見える15日は、
沖縄や九州から東海、北陸で曇りや雨。
関東から北海道はチャンスがありそうです。
少し早起きしてベランダや庭から
空を眺めてみてはいかがでしょうか。

https://tenki.jp/forecaster/y_nakagawa/2020/05/11/8284.html

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/10 (Sun) 00:54:53

明け方の空で月と惑星の接近を楽しもう
国立天文台、星空情報より

5月中旬の明け方、南の空には木星と土星が、
少し離れて南東の空には火星が輝いています。
14日に下弦となる月が、12日から16日にかけて
これら3つの惑星に近づきます。

月が木星と土星に最も近づくのは13日の明け方です。
木星、土星、月は、日付が13日に変わったばかりの頃には
南東の空の低い位置にありますが、
時間がたつにつれて高く昇り見やすくなります。
月の北西にある約マイナス2等の木星が、
月の光に負けずに輝く様子を楽しむことができるでしょう。
月のすぐ北には約1等の土星を見つけることができます。

15日から16日にかけて、月は火星に近づきます。
10月の地球との最接近に向けて明るさを増している火星は
既に約0等に達していて、
月の光に埋もれることなく力強い光を見せてくれるでしょう。

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/05-topics01.html

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/09 (Sat) 08:07:30

ISS(国際宇宙ステーション)の通過が、発表

5月12日から5月18日まで、大阪、方位角、高度など
5月16日早朝と夜、5月17日早朝と夜が観察しやすい


詳しくは、ここへ
http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/osaka/

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/07 (Thu) 20:22:21

5月の満月、「フラワームーン」といううそうです。
ベランダから撮ってみました。
電線が多いので、わずかな隙間を狙って!

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/07 (Thu) 15:31:45

今夜は満月 「フラワームーン」を見られるエリアは?
5/7(木) 11:25配信

今日7日(木)19時45分に満月を迎えます。
巣ごもりが続く中、今夜は夜空を見上げてみませんか?
 今夜は広範囲で晴れて、
多くのところで満月を楽しむことができそうです。

5月の満月、英語で“flower Moon”
 アメリカの先住民は季節を把握するために、
各月に見られる満月に名前を、
動物や植物、季節のイベントなど実に様々につけていました。

 5月は“flower Moon(花月)”といわれています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00015002-weather-soci

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/04 (Mon) 03:08:49

国立天文台観望会Twitterより

みずがめ座η(エータ)流星群が、
5月5~6日頃に見ごろを迎えます。
今年は、ステイホーム、
ご自宅からの観察をお願いします。
この流星群は、
日の出2時間半前から1時間半前頃の短時間しか
見られません。また、
今年は西空に明るい月が輝いており、
観察条件はあまり良くありません。

予想される流星の数は、1時間に5個前後です。
ただし、これは広く空を眺めた場合の数です。
ご自宅から見る場合、見える範囲が限られてしまい、
流星の数がこれより少なくなるかもしれません。
流星をなるべく見落とさないためには、15分以上、
暗い空に目を慣らしてから見るようにしましょう。

また、月や街灯等の明るい光が目の視野に入ると、
暗い流星が見えづらくなります。
光源が見えないような方向を見たり、
手でかざして見えなくしたりするなどの工夫をして、
観察してください。また、流星が見られる明け方頃は、
冷え込む時間帯です。寒さへの対策もお忘れなく。

2020年5月の星空情報・天文現象
(夕方の金星が見納め/親子の星座を探そう
       /春の大曲線/5月の月の暦)
ユーチューブで見れます。
https://youtu.be/M3x_IRyCA_4

Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/03 (Sun) 04:05:20

新型コロナの影響で外出自粛が延長されています。
自宅のベランダから、ISSの通過を見る、
観測しやすい日を選んで、この掲示板で
お知らせします。

JAXA宇宙航空研究開発機構の
宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/osaka/

ここで、「きぼうを見よう」、日時の選択します。
このページでは、軌道情報が日付ごとに表示され
観察しやすい日時(起動高度30度以上)については
黄色の色がついています。
日付をクリックすると、天空経路情報のページに飛び
クリックした日付のみの、情報が表示されます。
その下の、「地平座標表示」に、ISSがどの高さで
飛ぶのかが、表示されますが。事前にFlash Playerを
ダウンロードして、PC等に、表示できるように
設定しておく、必要があります。
設定方法は、各プラウザで検索してください。
この「地平座標表示」の下に、「全天表示」があります。
これは。星座早見盤のように、作成されています。
観測地から見た天頂を中心に全天を
平面に投影した図で、図の右が西、図の左が東となります。
JAXAのページともう一つ、HEAVENS ABOVE があります。
https://www.heavens-above.com/?lat=35.1974&lng=137.0216&loc=JAPAN&alt=60&tz=JapST
ここでは、あらゆる衛星の軌道要素が、毎日更新され、
ISSも載っています。
日付をクリックすると、ISSの通過経路が全天図で表示されます。

自粛で時間が、たっぷりありますので、両方のISSを見比べて
ください。

うちゅう☆彡むちゅうサークルの掲示板で、観測しやすい日時を、
図にして、お知らせ、したいと思います。
5月14日、15日、16日、17日、18日ごろが、観測しやすいです。
IAXAから発表が、あれば、更新して、お知らせします。


Re: 天文現象と写真 - 世話人

2020/05/01 (Fri) 17:43:55

みずがめ座η流星群

せっかくのゴールデンウイークも
自宅で、籠ることになりました。
そこで、5月6日に極大を迎える
「みずがめ座η流星群」を、
ベランダ見る、計画を立てました。

世話人の所からは、東の方向が見えます。
参考にしてもらう表を作りました。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.